洋食店といえば古いお店では創業100年を超える名店も多数あります。

日本全国で見るとそれぞれの歴史が紡ぐ伝統の味を感じられます。

今回はそんな味だけでは語りつくせない、洋食の深い歴史を老舗店のランキング形式で見ていきます。

第1位東京、日本の洋食の元祖「上野精養軒」

上野精養軒さんは日本の最初の洋食店とも言われる築地精養軒の支店として、日本の洋食の歴史を歩んできた洋食の名店です。

洋食だけではなく日本のフランス料理、西洋料理の発展には欠かせないお店の一つであり、メニューは高価であるものの、今も日本で屈指の人気店です。

人気メニューなデミグラスソースを1週間以上煮込んで作るビーフシチューです。フレンチを楽しむメインダイニングとカフェ感覚でも利用できる店舗もあるので、予算や用途によって使い分けると良いですね。

第2位東京、オムライスの元祖!?「煉瓦亭」

オムライスといえば、ケチャップライスを卵で包んだ洋食店だけではなく、家庭料理としても大人気のメニューです。

煉瓦亭さんは創業して100年以上経つ老舗の洋食店で、オムライスの元祖とも言われています。

溶き卵に、ご飯と野菜、ひき肉を入れてオムレツ風に焼き上げたライスオムレツは、発案当初はまかない料理として提供されていました。

もちろん現在も変わらぬ味を守りながら提供され続けている人気メニューです。

第3位大阪、関西にもあった!オムライスの元祖「北極星」

関西にあるオムライスの発祥の地、北極星さん。

ケチャップライスをオムレツで包んだ、現代版のオムライスの元祖とも言われている名店です。

高齢な常連さんのためにオムレツとライスを食べやすく合わせて提供したのがオムライス誕生のきっかけとも言われています。

もちろん人気メニューはたっぷりのデミグラスソースがかかったオムライスです。

ポーク、チキンなど中のケチャップライスを選べるのも良いですね。

値段もお手ごろなので、気軽に食べにいけるのも良いですね。

第4位三重、明治創業極上のブラックカレー「東洋軒 本店」

東洋軒さんは三重県を代表する老舗洋食店です。

三重の名物でもある高級和牛松坂牛をじっくりと煮込んだブラックカレーは、他の洋食店では食べられない唯一無二の歴史を感じます。

歴史を感じるクラシカルな店内で提供されるハンバーグやフライなどの定番洋食メニューも値段は少々高めですが、老舗の洋食店だから食べられる逸品です。

第5位大阪、大阪名物串かつの老舗店「洋食明治軒」

大阪には他にも歴史ある老舗の洋食店が存在します。

洋食明治軒さんは、大阪の名物でもある串かつが人気の老舗店です。

大阪の激戦区心斎橋で90年以上営業しており、地元民にも愛される洋食店です。

もちろん人気メニューは串かつです、柔らかな牛モモ肉をカリカリに揚げ、特製のソースで食べれば、まさに大阪の歴史を感じる味わいです。

人気の洋食メニューオムライスと串かつを一緒に味わえるセットメニューなども充実しており、串かつだけではない魅力が詰まった老舗洋食店です。

おわりに

日本全国の老舗洋食店はいかがだったでしょうか?

東の都、東京。西の都、大阪。

日本の発展を象徴する二つの地域は洋食という分野でも長い歴史を誇る人気店がありますね。

もちろん日本全国にはこれらのお店に負けない老舗洋食店はまだまだあります。

まずは身近な地域の洋食を探して見てはいかがでしょうか?