オープンしてまだ日が浅いのですがすっかり京都で親しまれている「おがた」は、予約が数か月先まで入っていることが多い人気のお店です。洋食「おがた」はシェフの緒方博行さんが開いたお店で、数々の有名店にて腕を磨いて作られた絶品料理が味わえます。またミシュランガイド京都・大阪2017ビブグルマンに選ばれているお店でもあります。

ミシュランガイドとは?

ミシュランガイドには審査員が実際にお店を訪れ、星を獲得することにより掲載されます。2014年よりミシュランガイドとは違う新しい評価指標のもとで作られた「ミシュランガイド ビブグルマン」があります。ミシュランのキャラクターであるビバンダムの愛称のビブとフランス語で食いしん坊の意味のグルマンを合わせた言葉です。

ミシュランガイドは高級なお店ばかりですが、ミシュランガイド ビブグルマンは5,000円以下で食べられるお店がほとんどです。質の高い料理がリーズナブルな料金で頂けるのですから、行かないわけはありません。

ミシュランも認めた 京都に行ったら食べたいメニュー

ミシュランも認めたメニューと聞くと、食べてみたい人は多いのではないでしょうか。洋食「おがた」の緒方シェフは、ビストロセプトの元料理長でお肉料理に評判があり、味に厳しい京都人をも唸らせていました。その緒方シェフの作る人気のメニューについてみていきましょう。

<ランチメニュー>メニューにスープ、サラダ、パン又はライス、ドリンクが付きます。

「おがた特製ハンバーグ」1,800円

「山形県米沢ポーク」1,800円 カツレツ又はトンテキから選べ、ソースもデミグラスソースとオニオンソースから選べます。

「イベリコ豚ベジョータ(ポークジンジャー)」1,800円

「宮崎県産尾崎牛ビーフカレー」1,890円

「ポークカツレツ」1,680円

「オムライス」2,400円

またコースもあ「プチコース」と「洋食おがたおすすめコース」の2種類があります。

「プチコース」(2,800円)は前菜2品とサラダ、メイン、パン又はライス、コーヒー又は紅茶となっております。メインはハンバーグやカツレツ、ポークジンジャー、エビフライ、魚のピカタなどのなかから選ぶことができます。

「洋食おがたおすすめコース」(4,500円) は前菜2品とサラダ、スープ、魚料理、肉料理、一口カレー、パン又はライス、デザート、コーヒー又は紅茶が楽しめます。デザートはクリームブリュレやババロア、プリン、ガトーショコラ、キャラメルアイスなどから選べます。

ビブグルマンというだけあり、お値段もリーズナブルです。ランチは2,000円ほどディナーは5,000~15,000円で楽しめます。尾崎牛や南の島豚を使ってこの値段はとても良心的です。尾崎牛は宮崎県産の直売されているお肉です。良質の水と新鮮な空気、自家配合飼料を使った環境で育てられています。生産者の尾崎宗春さんは自分が食べて感動できる牛肉を届けたいと、丁寧に育てています。しゃぶしゃぶをしても灰汁の出ないお肉で脂も尾崎さんの納得がいく味だそうです。次に南の島豚についてですがこちらも農林大臣賞を受賞したお肉です。アグー種とデュロック種を合わせて作られました。植物性飼料100%を使った餌で、やや歯ごたえのあり肉のキメが細かく脂に甘みがあります。これらのブランド肉を使った料理は、素材選びの良さも際立ちます。

ミシュランガイドに選ばれる「おがた」のまとめ

ミシュランガイド ビブグルマンに選ばれたお店ですので、良心的な値段で食べることができます。尾崎牛や南の島豚を使用したメニューはランチにも登場し、昼も夜も予約でいっぱいのお店です。行く予定のある人は早めに予約することをおすすめします。