本格松阪牛を安く楽しめとのことで人気の洋食屋牛銀は、牛丼もまた人気だと知っていますか?
今時牛丼なら市町のいたるところでかなり安く食べられるメニューですが、より上級の肉を使った牛丼も見過ごせません。
そこで高すぎず、安過ぎずの程よい値段でランチに合った洋食屋牛銀の牛丼の中身をご紹介していきます。
ぜひチェックして参考にしてみてください。

洋食屋牛銀のメニューの特徴

洋食屋牛銀の良さは安く美味しい松阪牛を食べられるところにあります。
本店では1万円を軽く超える高級なメニュー揃いですが、洋食屋の方はそれよりカジュアルなスタイルで予約も必要ありません。
メインはハンバーグ、ハヤシライス、ビーフカレー、ステーキで、サイドメニューにはチーズ、フライドポテト、アイスなど、洋食の定番でメニューが揃えられています。
また洋食メニュー以外に牛丼、かつ丼、牛肉しぐれ茶漬け、すき焼きの和食メニューが用意されているので、子供から大人まで家族一緒で来やすい品揃えです。
ただ、カジュアルな方向のお店といっても、やはり本店と繋がりがあるので松阪牛のヒレ肉を使ったステーキなどが用意され、そちらは18,000円以上する本格メニューになっています。
思い切って選んでみるのも有りです。

牛銀本店とのつながり

そもそも洋食屋牛銀は、元を辿ると洋食が本業ではなく、すき焼きをメインに取り扱う牛銀本店が主体です。
明治に創業した牛銀本店に隣接するように建てられた姉妹店の洋食屋牛銀では、本店よりもずっとコストを抑えたメニューを提供しているので、訪れた人が安く気軽に料理を楽しむことができます。
安い理由に本店で使わなかった松阪牛の部位をおろしているとのこです。
つまり洋食屋ではありますが、和食としてのノウハウの方により通じており、そのため提供されている牛丼も安いながらも別格な味わいに仕上がっているのです。

松阪牛を使った牛丼メニュー

本店との繋がりがある故に、安さを追求したうえで本格的な味が楽しめるこの牛丼は、やはり一般的な牛丼のお店とは一味も二味も違います。
まずちょっと意外なのはその見た目です。
注文から運ばれてきた牛丼の蓋を開けてみると、親子丼かと思わせる卵とじが目に入ります。
肉と玉ねぎが卵でとじられ、山椒がかかっているので良い香りが胃袋を刺激ます。
安いと肉が少ないのではないかと思われるかもしれませんが、お肉のボリュームもたっぷりとあります。
肉質は柔らかく、それと同時に高い評判を得ているのがあっさりとしながらもよく染み込んだタレです。
このタレがとても上手く出来ているとのことで、美味しいという感想が沢山出ています。
高級料理の本店の味と繋がっているだけあって、お値段は安いのにタレに手抜きはありません。
牛丼の並は1,300円とお昼時には比較的手を出しやすい設定になっているので、まずは一度試して欲しいと思います。

洋食屋牛銀の本格牛丼のまとめ

本店より安く味わえるお店の特性を活かしながら、味付けは本店そのものといった良いとこどりのメニューとなっています。
あっさり目のタレで煮込まれた肉には旨味が詰まっており、玉ねぎの甘みとバランスが取れたそれは絶品です。
洋食メニューも揃っているので、親しい人と赴いた際はシェアしてみるのもいいかもしれませんよ。