天気のいい日はどこか気持ちのいい場所出かけてみたくなりますが、安らぐ空間が迎えてくれる神戸デュシャンに立ち寄るのもおすすめです。
お店のシェフが作るハンバーグは格別で、中々本格的なフレンチディナーやちょっとリッチなランチを楽しめます。
お店の特徴や提供しているメニューをあわせて紹介していきますね。

洋食屋 神戸デュシャンとはどのようなお店か

兵庫県神戸市中央区八幡通4-1-27Dグラフォート神戸三宮タワー 1Fに入っているのは洋食屋神戸デュシャンです。
建物に対して少し奥まったようにお店が入っていますが、店内には程よく優しい光が差し込みます。
中は広く作られ、モダンなシャンデリアが落ち着いた雰囲気をより一層作っています。
カウンター席も用意されているので、一人でふらっと立ち寄るのも容易です。
洋食店でフレンチを学んだ南雄三シェフによって作られる料理の味はとても人気で、食材にも特別なこだわりを持たれています。
新鮮な野菜を選ぶのはもちろんのこと、魚の鮮度にもきちんと気を配っています、
また肉も国産牛に絞って使用するなど、食材の追及が行われているので料理の味がとても良いです。

洋食屋 神戸デュシャンのランチニュー

神戸デュシャンではランチとディナーの両方が楽しめます。
ランチならば手ごねハンバーグが一押しで、黒毛和牛と国産豚ひき肉の合い挽きを使っているとのことです。
また甘みと柔らかさが特徴の淡路島産玉ねぎを使っていて、ふんわりと柔らかい食感が人気です。
中でも煮込みハンバーグが注目され、シャガイモ、レンコン、ニンジンなどの野菜と一緒にさらっとしつつも濃厚な味のソースで煮込まれ、「美味しい」という声が多いです。
ハンバーグの他には鮮魚料理、ビーフシチュー、ポークカツレツ、エビフライ、カニクリームコロッケ、ハヤシライスやステーキも揃っていますよ。
スープ、サラダ、パン、ライス、コーヒー、紅茶から選んでセットにできます。
子供連れの人には、小学生までを対象にお子様ランチも用意されているので、気兼ねなく足を運べますね。

洋食屋 神戸デュシャンのディナーメニュー

神戸デュシャンのメニューで特に目を引くのがディナーで、ブイヤベースとタンシチューの「シーズナルシェアコース」はなんと3,800円とフレンチのコース料理にしてはかなりリーズナブルな設定になっています。
お店の定番メニューではアラカルトメニューであれば自家製ハムやその日仕入れた鮮魚カルパッチョであったり、おすすめ料理ならば神戸ポークのパテ・ド・カンパーニュやガーリックトーストも有ります。
メインはランチとほぼ同じ内容から選べます。

おしゃれなフレンチ、洋食屋 神戸デュシャンのまとめ

本格的な緊張感はなく、行きたいときに訪れることができるフレンチのお店で、一人でものんびりできるのがいいですね。
さらに問い合わせればウェディングプランやパーティープランも用意してもらえます。
今のシーズンならクリスマスコースの予約が始まっており煮込みハンバーグやステーキをメインにしたメニューが堪能できるのです。
神戸デュシャンは特別な日も利用したくなってしまう、そんな街の洋食店でした。