「日本インストラクター協会」とは

「日本インストラクター協会」とは、様々な専門分野に関しての知識・技能をレクチャーする能力を中心とした技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定する団体です。様々なインストラクター資格を主催している同団体ですが、下記の3点を目的に掲げています。

 

◇日本インストラクター協会の目的◇

①インストラクターとしてのスキルに関する資格を主催することで、専門分野をレクチャーする能力を持つインストラクターとして持つべき知識や技術のレベルを示すことによって、それらの技術を向上させます。

②インストラクターを必要とする企業等が、従業員の採用を行う際に役立つような評価の「ものさし」を提供し、これを通じて各スキルを持つインストラクターの社会的地位を確立します。

③専門分野に関する知識・技術をレクチャーする能力を必要とする現場において、各スキルを有効に活用することができるインストラクターの育成を目指しています。

以上の3点を目標に掲げる日本インストラクター協会は、国内のインストラクターと名の付く職業のレベルアップや職業意識の向上という崇高な使命を持った団体です。そのような日本インストラクター協会の認定する資格は、社会的な地位を約束されており、あなたの知識や技術を保証してくれるものです。

 

 

どんな資格があるのか?

それでは、日本インストラクター協会が主催する資格はどのようなものなのでしょうか。この項で、そのほんの一例をご紹介していきたいと思います。

 

「アフィリエイトインストラクター試験」

アフィリエイトとは、「成功報酬型広告」のことです。様々なサイトで広告のバナーが張られているのを目にされたことがあるかと思いますが、ああいった広告から収入を得るアフィリエイターの方が増えています。凄腕の方になると年間1,000万円を超えるほどのアフィリエイト収入を得ている方もいます。この「アフィリエイトインストラクター」は、そんなアフィリエイトに関するノウハウをレクチャーする能力があることを証明する資格です。この資格を取得することによって、アフィリエイト関連のセミナーなどでインストラクターとして活躍することができます。また自信でアフィリエイトを行うほどの知識も当然身につくことでしょう。

 

「福祉心理アドバイザー試験」

「福祉心理アドバイザー」とは、様々な福祉の現場で心理カウンセリングを行う方のための資格です。福祉に関する知識や心理学についての知識を一定以上有する方が認定をうける資格です。高齢化が進む社会のなかで福祉の重要性が高まっていることは周知の事実で、今後福祉関連の業界が成長していくことが予想されます。そんななか、様々な社会的事件から、福祉の現場での心のケアの必要性が叫ばれており、「福祉心理アドバイザー」のようなカウンセラーが求められています。

 

日本インストラクター協会の口コミ評判

「アフィリエイトインストラクター」受験者の方

「副収入が得られるアフィリエイトについて学びたいと思ったことが、この資格を受験したきっかけです。この資格合格を目標に勉強したことで、自分のこれまでのアフィリエイトがどれだけ誤ったものだったのかということが分かり、正しいノウハウを学ぶことができました。将来的には、アフィリエイターとしてだけでなく、この資格を活かしてアフィリエイトの講師として活躍することができればと考えています。」

 

「福祉心理アドバイザー」受験者の方

「訪問型のデイケアサービスに務めている介護士です。サービス利用者の方には、心の問題を抱えている方もおられます。また、利用者だけでなく、そのご家族やサービス事業者の方でもそれぞれ色々なストレスを抱えておられます。そういった方々の心のケアの必要性を感じたことが、この資格受験を決めたきっかけです。今では、様々な方の心のケアにこの資格が活用できています。」