洋食のメニューのなかでも、ひときわ注目されるメニューのひとつがステーキです。豪華なだけではなく、味わいも濃厚でお酒にもご飯にも合う日本人にも大人気のメニューです。

ステーキ用の肉は比較的簡単にスーパーマーケットなどで手に入れることができますが、なかなかその焼き加減が専門の洋食店のように上手にならないという方も少なくはありません。

そのため、なかなか焼き加減に苦労しているという方も多いようです。今回、ここでは洋食でも大人気となっている、ビーフステーキのレシピについてを紹介していきます。

洋食のビーフステーキとは

ステーキは、さまざまな国で提供されている肉料理のひとつです。洋食では、ポークステーキやビーフステーキなどが用意されており、ビフテキの相性でも人気となっていました。

基本的には、サーロインやヒレといった牛肉の部位を薄くスライスして、それを鉄板の上で焼くだけというシンプルな料理です。しかしながら、素材選びだけではなく、味付けの仕方、焼き加減などさまざまな要素を守って焼くことでその味わいが大きく変化することが分かっています。

ビーフステーキの部位は、サーロインやトップサーロイン、ストリップロイン、ショートロイン、リブなどがあります。

焼き加減に関しては、レア、ミディアムレア、ミディアム、ミディアムウェルダン、ウェルダンといったように、生状態からしっかりと火を通したものまでさまざま用意されています。

ビーフステーキのレシピで用意する材料

ここからは、ビーフステーキのレシピで用意すべき材料を紹介していきます。

サーロイン  300g

塩コショウ 適量

牛乳     100g 

ヨーグルト  100g

牛脂    1個

サラダ油   適量

玉ねぎ   1/2個

しめじ   適宜

醤油    適量

洋食のビーフステーキのレシピ

洋食店のような、クオリティが高く美味しいビーフステーキを楽しむためには、市販の肉を購入して、ただ焼いて行くだけでは美味しくなりません。ステーキを美味しく食べるためには、どれだけ硬さを押さえて肉汁を閉じ込めるかなので、そちらを注意していきます。まず、購入してきたサーロインを包丁で叩きます。切り刻むのではなく、少し包丁の後が残る程度に叩いてくことがポイントとなっていきます。

牛肉を叩いてなれさせたら、バットに牛肉を入れて、牛乳とヨーグルトを混ぜ入れます。これらを入れることで、乳酸菌などの働きなどにより牛肉の繊維がやわかくなります。つまり、あまり高級では無い牛肉を使用したとしても、口のなかで柔らかな舌触りを楽しみむことができます。こちらは、冷蔵庫で1時間程度漬込む程度で良いでしょう。あまり長い時間、漬込む必要はありません。

フライパンに油を引いたら、先に刻んだ玉ねぎとしめじを入れて焼きます。弱火で、玉ねぎがやや飴色になるように焼くと良いでしょう。

フライパンをキレイした後、牛脂を入れて溶け始めてきたらステーキを焼いて行きます。全体に火を通し、お好みの硬さに焼いて行きます。塩こしょうで軽く味をつけていき、皿の上の乗せていきます。

肉汁がフライパンに残っているので、強火にして醤油を入れてソースを作ります。皿にのせられた牛肉にこちらのソースをかければ、ビーフステーキの完成となります。