美味しい料理が沢山提供される、楽しい洋食が大好きという方は多いはずです。日本人好みの味わいにアレンジされたドリアやパスタ、肉料理、魚料理などが揃っており、揚げ物なども楽しく食べることができるので、老若男女さまざまなシチュエーションで行くことが可能です。

楽しく食べ進めることがでいる洋食ですが、難しいとされているのが、さまざまなマナーというものです。

洋食には最低限守りたいとされているマナーが存在しており、それらをしっかりと守ることで、より美味しく楽しく洋食を食べていけるといわれています。今回、ここでは洋食で提供される魚介類の正しい食べ方のマナーを紹介していきます。

魚介類の食べ方のマナー

洋食の料理というと、オムライスやステーキ、ロールキャベツ、パスタなどの肉料理や小麦粉系のメニューを思い浮かべる方も少なくはありません。しかしながら、洋食の場合は魚介を使用したメニューも大変多く用意されており、それらをマナーを守って楽しまれると、より美味しく食べ進めることができるとして話題となっています。

まず、シンプルに骨付きの魚料理が運ばれてきた時のマナーを知っておくと良いでしょう。魚料理を食べる場合には、フォークの中心部分で骨を抑えて、よせるよにして骨を取り出すとスマートな食べ方とされています。

さらには、魚の身を剥がしていく方法としては、左端部分にフォークを追いてから、ナイフを使ってそこからの身を食べるとマナーとしては正しいの安心して食べてみてください。洋食のなかには、ソースを使用した魚介料理も提供されますので、そういった場合には必ずソーススプーンが追いてあるか、提供されているはずでしょう。

そのため、ソースは身部分にしっかりと絡めることにより、美味しく魚料理を味わっていただけます。素手などで魚の身をもったり、骨を持っているようなことをしてはマナー違反となってしまうので注意をしてください。

洋食で貝類の食べ方のマナー

洋食では、貝類などの魚介類のメニューも多く提供されています。特にフランス料理をベースにしている洋食店の場合は、エスカルゴが提供されます。エスカルゴの場合は、専用トングが用意されるので、それで殻を傾けると良いといわれています。

そして、エスカルゴの殻は渦が巻いたようになっているので、それに合わせてフォークを入れて皿の上に落として食べましょう。

皿の上に落としたところで、こちらはマナー違反とはならないため、安心してエスカルゴを食すると良いのではないでしょうか。

洋食における殻のある食事マナー

エビや牡蠣など、殻をどうしても使用している料理の場合は、マナーを知らないとマナー違反と思われてしまう食べ方をしてしまう可能性があるので注意が必要となっています。

牡蠣が提供される洋食店の場合は、専用のピックが付属してくるのでそちらを利用するとスムーズに食べることができます。

また、エビが提供された時は、殻の間にしっかりとナイフを入れて殻を取ってしまい、皿の上に身を乗せて食べることがマナーとなっています。エビなどの場合、フィンガーボールが用意されていな場合は手を使うとマナー違反と取られてしまうので注意が必要となります。