西洋系の料理がベースとなって生まれた日本独自の料理文化が洋食です。洋食は、数多くの種類のメニューがあり、さまざまな人たちから愛され続けられています。

洋食の小鉢で多く提供される人気のメニューがラタトゥイユです。ラタトゥイユは、トマトソースを使って野菜をたっぷり食べることができる、女性にも人気の洋食メニューとなっています。

初心者には難しいそうな印象ではありますが、ラタトゥイユは洋食の初心者でも手軽につくることができます。今回、ここでは洋食の初心者でも人気のラタトゥイユのレシピを紹介してきます。

洋食で人気のラタトゥイユとは

ラタトゥイユは、フランスでも南部に位置するリゾート地であるプロヴァンスで生まれた郷土料理です。南フランスは地中海性気候の恩恵を受けているため雨が少なく、乾燥していることから多くの野菜が収穫できる恵まれた土地として知られています。

基本的には、夏野菜の煮込み料理がラタトゥイユであり、材料としてはトマトやナス、ズッキーニ、さたいんげん、ピーマンなどが使用されているところが特徴となっています。

ラタトゥイユは、野菜だけでつくることが可能となっていますが、ベーコンやチキン、豚肉、魚介類などを混ぜたアレンジを利かすことができる料理としても大変人気がり、世界中でも愛されている料理のひとつとして知られています。

ラタトゥイユは、かき混ぜるという言葉が語源となって生まれていることが分かっており、もともとは軍隊の人たちのためにつくられていたものです。

当初は、あまり良いイメージの料理ではありませんでしたが、新鮮で洗練された料理になっていくことで、プロヴァンスのニースで大変人気のあるメニューとなり、日本へも伝来して人気となった料理として知られています。

ラタトゥイユのレシピで用意する材料

ここからは、ラタトゥイユのレシピで用意すべき材料を紹介していきます。
玉ねぎ 1個

なす 1本

ピーマン 2個

パプリカ 1/2個

にんにく 1片

オリーブオイル 大さじ3

ハーブ類  お好みで

しおコショウ 少々

野菜のラタトゥイユの作り方

なすやパプリカ、ピーマンは乱切りにして、一口でも食べやすいように刻んでいきます。ニンニクをたっぷり入れることで、全体的に青臭い香りを消すことができます。ニンニクはみじん切りにして全体に行き渡るようにすると良いでしょう。玉ねぎは、輪切りではなく2センチメートル幅にして切っておくと、後の調理の仕方がとても簡単いになります。

鍋にオリーブオイルをたっぷりと入れ、そこにニンニクのみじん切りも入れて弱火で炒めていきます。最初に、強火で焼き過ぎてしまうと焦げの原因になるので注意しましょう。

玉ねぎから弱火で焼いていき、ナス、パプリカ、ピーマンと徐々に火を通しにくいものから炒めていきます。塩こしょうを全体に振って、味わいを決めていきましょう。あまり、塩を振りすぎると水分が出てしまうので注意が必要となります。

最後に、ハーブ類をたっぷりと入れてフタをして中火で20分程度煮込みます。全体に熱が通ってきたら、塩こしょうをかけて味を整えていきます。

皿に盛りつけた後、かき混ぜて食べやすいようにしたら完成となります。