洋食を楽しまれている方たちの中には、カレーのようにご飯やパスタの上にかけたものが大好きといわれている、そういったものが好きな方も少なくはないでしょう。

そういった方たちが洋食のメニューのなかで大好きなアイテムは、ビーフストロガノフです。

ビーフストロガノフは、洋食においてもとても贅沢なメニューのひとつとして知られていますが、それらを洋食店だけではなく、自宅で楽しむこともできるようになっています。今回、ここではビーフストロガノフのメニューについてを紹介していきます。

ビーフストロガノフとは?

ビーフストロガノフは、洋食でも大人気のメニューのひとつでもあるのですが、ポイントとしてはビーフストロガノフはもともとロシアの伝統的な料理であることを忘れてはいけません。その名前の通り、牛肉をメインに使用している料理であることからも、贅沢なものといわれ伝えられています。

しかし、ビーフストロガノフは豚肉でも代用することができるので、洋食店のなかではアレンジして豚肉を使ったビーフストロガノフを提供している場所もあるのでユニークであるといわれています。

アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・ストロガノフという時代に生まれているといわえれており、ビーフステーキが大好きであった彼のために、ビーフストロガノフで代用したことが、この料理の発端であるといわれています。

材料についてもシンプルさが求められており、牛肉をベースに、玉ねぎやマッシュルームといった、西洋のアイテムを使用して作られている料理として知られています。

また、パスタにかけるというのは応用のひとつであって、バターライスや日本国内では白米にかけて食べられることもあります。

ビーフストロガノフのレシピで用意する材料

ここからは、ビーフステーキのレシピで用意すべき材料を紹介していきます。

牛もも    200g

玉ねぎ    1個

トマトペースト大さじ2

赤ワイン   1/2カップ

フォンドボー 固形1カップ

生クリーム  1カップ

塩      少々

こしょう   少々

ディル    適量

ごはん    茶碗3杯分

バター    適量

ビーフストロガノフの作り方

牛肉は、できるだけ細かく刻んでおくと良いでしょう。6mm程度の幅に長細く、食感が残る程度に切っておくと良いといわれています。

玉ねぎは、縦半分に刻んでから、ざっくりと縦に薄切りになっていくように刻んで行くと良いでしょう。

ヨーグルトと生クリームをしっかりと混ぜ合わせていくことがポイントです。全体的に、ふんわりとした食感になってきたら大丈夫です。

フライパンに少量の油をしいて牛肉を炒めて行きます。牛肉は、あまり火を通しすぎると固くなってしまうので、ある程度火が通ったところで塩こしょうをして、別の皿に取り出しておきましょう。

フライパンはそのままで洗わず、バターをそこにいれて玉ねぎをゆっくりと弱火で煮ていきましょう。玉ねぎはできるだけ柔らかく、甘くなるように弱火でじっくりと煮ていくと美味しくなっていきます。そして、トマトペーストを加えたのちにワイン、フォンドボーの固形を、水を入れて煮込んで行きます。

牛肉を入れて全体に塩こしょうをしっかりとまぶして味わいを決めて行きます。最後にとろみをつけていきます。

ご飯をもった器にビーフストロガノフを入れて、ディルを添えて完成となります。