オムライスと言えば、具とごはんをバターとケチャップで炒めて、たっぷりの卵で包むのが定番でしょうか。
もちろんそれでもとっても美味しいのですが、折角なので他の味も食べてみたくなりますよね。
そんな時は、簡単にぱっと作れる、和風あんかけオムライスはいかがでしょうか?
味もがらっと変わってちょっと特別な気持ちになれるかもしれませんよ。

洋食なのに和風なオムライスのレシピ

<材料 2人分>

シーチキン 1/2缶
にんじん 1/2本
玉ねぎ 1/2個
マイタケ 1/2パック
しめじ 1/2パック
卵 4個
マヨネーズ 大1
ごはん お椀2杯分
バター 10g
白だし 大2
水 200cc
片栗粉

<作り方>

1、はじめに、にんじんと玉ねぎをみじん切りにしておきます。
マイケタ、しめじは石突を取って食べやすいよう手でバラバラにして、別のボウルにわけておきます。
2、次に、温めたフライパンにバターを落とします。
にんじんと玉ねぎをいれ、玉ねぎが透明になるまで炒めましょう。
そこにほぐしたシーチキンを入れて軽く炒め、ごはんを入れて炒め合わせます。
出来たら、皿に盛って形を整えましょう。
3、ボウルに卵4個を割り入れ、からざを取ってからよくときほぐします。
続けてマヨネーズを入れて混ぜましょう。
こうすることで、卵がふんわり仕上がりますよ。
4、フライパンにキッチンペーパーを使って薄く油を敷いて、ボウルの卵を一人分ずつ焼きましょう。
火は弱火にし、まっ平らでも、スクランブル状でもお好みで焼き上げて、ご飯の上に盛ります。
5、卵に火が通るまでの間は、別のフライパンに水200ccと白だしを入れ、くつくつと沸騰させます。
そこにマイタケとしめじをいれ、しんなりするまで火を通します。
できたら一旦火を止めて、分量外の水で片栗粉をといたものを回し入れます。
あんの固さはお好みで決めましょう。
片栗粉を入れたら、再度弱火で火をつけて、さっと混ぜて仕上げます。
6、ごはんの上に焼いた卵を乗せ、その上からきのこのあんかけをかけかたら完成です。

オムライスをアレンジするヒントはいっぱい!

ここでは和風オムライスを紹介して、ごはんと炒める材料にシーチキンを紹介しましたが、別のものに変えるだけで、再びがらっと違う味にも出来ます。
おすすめはじゃこと大葉で、さっぱりとした味わいが楽しめます。
焼き鮭をほぐして入れるのも美味しいです。
そういう細かい工程は面倒という時は、シャケフレークをあらかじめご飯と混ぜておいてから、フライパンで炒めると時短になります。
和風ですから、鶏肉を使えばボリュームアップも簡単です。
なるべく包丁を使うのを避けたい人は、あんかけに入れるキノコをかにかまに変えるのもいいです。
ほうれんそう、ネギ、青梗菜なども、あんかけには合わせやすいので、野菜もたくさん活用してみましょう。

オムライスレシピのアレンジのまとめ

洋食でありながら、和と融合させることで、普段にない味を楽しめます。
またあんかけを使って作るので、自分の好きな食材と組み合わせやすいメリットがあります。
簡単に作りたいときも、凝った作り方をしたいときも、好きなようにレベルを調節できるので、お夕飯に迷ったらぜひ作っていただきたい洋食の一品です。