オーブン料理や煮込み料理は洋食でたくさんありますが、フライパンでぱっと炒めた洋食に合う料理は何かないのでしょうか?
実は探してみると、洋食に合う洋食風のレシピがたくさんあるんです。
家の冷蔵庫にあるバターやコンソメ、またはシンプルに塩味を活かして、忙しい毎日のごはんにあと一品加えてみませんか?
栄養も補えて美味しいおかずも増えていいこと尽くしです!

チーズ入りトマトと卵のコンソメ炒め

トマト大1個をくし形切りにし、卵2個をボウルに割り入れて溶きほぐします。
フライパンにオリーブオイルを敷いて熱し、切ったトマトを入れて炒めます。
トマトに火が通ったら、溶き卵を入れてざっくりと混ぜ合わせ、コンソメ小1/2と塩コショウで味を調えます。
お皿に盛って粉チーズを振れば完成です。
炒め合わせる際にスライスチーズをちぎって入れて、先にチーズを絡めてしまっても美味しいですよ。

ブロッコリーとしめじのバター炒め

ブロッコリー1個は一口サイズに切り分け、塩茹でしておきます。
しめじ1パックは食べやすい大きさにちぎり、ベーコン2枚は2センチ幅で切っておきましょう。
にんにく1かけも刻んでおきます。
フライパンにバターを落とし火にかけ、にんにくを入れて香りを立たせます。
そこにしめじ、ブロッコリー、ベーコンを加え、バターが馴染むまで炒めましょう。
塩と醤油を軽く振って味を調えて完成です。
ベーコンをエビに置き換えても相性抜群です。
メインディッシュを邪魔しないように、肉や魚介は控えめにしておきましょう。

芽キャベツとエリンギのバルサミコ酢炒め

芽キャベツ5個は洗って四等分にして、エリンギ1パックは薄切りにします。
フライパンにオリーブオイルを敷いて熱したら、芽キャベツを入れて蓋をし、1~2分蒸し焼きにして火を通します。
そこにエリンギを加えてしんなりさせ、バルサミコ酢大2と醤油一回しを入れて炒めて完成です。
最初に鷹の爪を輪切りにして少し加えて一緒に炒めると、ピリっと辛いまた違った美味しさを楽しめますよ。

ズッキーニとツナの洋風炒め

ズッキーに一本を食べやすい厚さの輪切りにし、パプリカ1個は細切りにします。
フライパンにツナ缶の油をいれ、ズッキーニとパプリカを焼き色が付くまで炒めます。
その後ツナを加えて大きく混ぜ合わせ、塩と胡椒でシンプルに味付けします。
コーン缶もプラスすれば、お料理にさらにボリュームが出せますよ。
また、にんにくと炒めて香りを出したり、マヨネーズでコクを出すとさらに美味しさがアップします。

副菜がもう一品欲しい時に使える炒め物のまとめ

洋風調味料を活用したり、和食ではあまり手を出さない野菜を取り入れることで、洋食のメニューにも違和感のない一品を用意することができます。
紹介した以外にも、マヨネーズ、ケチャップ、香辛料などを使っても、味を変えつつ洋食風に仕上げることができるんです。
炒め物の色合いが寂しいときは、トマトの赤やパプリカの黄、紫キャベツ、カボチャ、レッドキドニーなども加えて、明るい食卓を演出してみましょう。
余った炒めものは、スープやオムレツにリメイクすることもできます。