海外の洋食器ブランドは国内にも多く流入してきているため、マイセン、ウェッジウッド、ロイヤルコペンハーゲンなど、食器に注目している人の間では有名です。
高級感溢れる洋食器が欲しい場合は、特に海外に目がいきがちでしょう。
しかし、日本国内で作られる高級洋食器もその勢いには負けてはいません。
よく聞く名前だとノリタケですが、そのほかにも洋食器を扱う日本メーカーがあるのをご存知でしょうか。
有名なノリタケを含め、他の日本の洋食器メーカーをご紹介します。

ノリタケ

洗練された白の食器に強いこだわりを持つノリタケ。
1904年の会社設立から、度重なる挑戦の末に日本最初のディナーセットを作り上げた歴史ある洋食器メーカーです。
このノリタケの食器は当時アメリカでも大変人気を呼びました。
白以外にも繊細な色彩感覚でデザインされた食器が数多くあり、飾りとしての食器と、使うものとしての食器の価値を高めようという両方の側面からの取り組みがあります。
ノリタケがこだわる乳白色の食器も、使う時はもちろん、使わずに置かれている時も美しさを持ち、洋食器でありながら和食を引き立てる魅力を持たせています。
100年以上前からの歴史を持つ、間違いのない食器と言えるのではないでしょうか。

NIKKO(ニッコー)

創業1908年に前身の「林屋組」という名前でスタートしました。
初期のころは国外への輸出に力を入れていて、後に山や川の風景を描いた山水の陶器の製造にも着手していきます。
一時はブームとなり、国内で多く生産されていた山水の陶器を現在も作っているのは、今ではニッコーだけとなっています。
山水に続いて1933年にはぶどうのシリーズを打ち出し、青が上品な洋食器として今も健在です。
ディナー皿はもちろん、カップやシュガーポットなど、様々な陶器に採用されています。
のちに日本に洋食文化が広く行き渡ると、国内への洋食器の普及に努め、1983年に会社名を「ニッコー」に変え現在に至っています。
大人向けの高級なデザインを持ちながら、遊び心のある絵柄の食器の生産も行われているのです。

スガハラ

ハンドメイドによるガラス食器の生産を行っているのがスガハラです。
1932年に菅原一馬氏の個人経営でガラス食器の生産が開始され、のち1961年に新しい工場が設立されました。
一見するとシンプルなデザインが多く見受けられますが、よく見ればそれぞれの個性を引き出す細やかな工夫が施されています。
食器の持つ曲線や色合いは、ありふれた食器の中で一線を画し、職人とガラスとの対話から特別な一品を作るこだわりがあります。
特別な日はもちろですが、日々の何気ない時にも使え、現在はアクセサリー、キャンドルなど、幅を広げつつある会社です。

香蘭社

創立は1879年ですが、最初の有田焼の製造は1689年にまでさかのぼり、歴史ある会社です。
その信用は高く、宮内庁御用達しでもあるのです。
ただ堅いイメージもある一方、300年の歴史の中から紡がれた和食器の他に、洋食器の生産も盛んであり、有名なキャラクターである「星の王子様」のデザインのものや、食器から少し離れた有田焼のペンダンド、カフス、帯どめなど、技術を活かした製品づくりが進められています。
高品質で、美しく、安価を追求する高い理念があらわれた製品にはぜひ注目しておきたいです。

高級食器ブランドのまとめ

4つの洋食器の会社をあげましたが、もしかしたら初めて聞いた名前もあるかもしれません。
それぞれのブランドには、それぞれの強いこだわりがはっきりと見て取れます。
記念日も、日常でも、特別な一品を持ってみるのも楽しいでしょう。