変わった洋食のレシピ

普段の献立とは違う、一風変わった洋食レシピをご紹介します。

オーロラソースカツサンド

オーロラソースとは、ソースにトマトとバターを加えたフランス料理のソースです。卵料理や蒸した肉料理などによく使われます。
エビフライなどの他のフライもソースによく合います。

※2人分
トンカツ(惣菜など) 1枚
キャベツ 1/8
食パン(8枚切りのもの) 4枚
バター 適量
ケチャップ 大さじ3
マヨネーズ 大さじ3
ウスターソース 小さじ1
レモン汁 小さじ1

① キャベツを千切りにして、洗って水気をよく切る。
② ボウルなどにケチャップ、マヨネーズ、ウスターソース、レミン汁を混ぜる。
③ 好みでパンの耳をカットする。パンの挟む面にバターを塗って、千切りにしたキャベツを挟む。
④ ②のボウルにトンカツの両面をしっかりと漬ける。
⑤ ③のパンの片方にトンカツを載せて、もう片方で蓋をする。
⑥ 最初に重ねた時の半分程度の厚さになるまで押しつけてしっかりと挟む。
⑦ 好きな形に切って完成。

にんにくステーキチャーハン

一口サイズのステーキ肉で、香ばしいにんにくの効いた洋風チャーハンが楽しめます。
材料を炒める際は、サラダ油でなくバターを使うと違った風味が楽しめます。

※2人分
炊いた米 茶碗2杯分
にんにく 2片
大葉 一束
細ネギ 適量
醤油 大さじ1/2
サラダ油 大さじ1と1/2
塩 適量
胡椒 適量

① にんにくと大葉をそれぞれみじん切りにしておく。炊いた米は少し冷ましてから塩胡椒をしておく。
③ 肉を一口大に切っておき、塩胡椒する。
④ フライパンにサラダ油を熱して、好みの焼き加減で肉を焼く。焼きあがったら肉をフライパンから取り出す。
⑤ フライパンににんにくを入れて中火で炒める。香りが出てきたら、炊いた米を入れて強火で炒める。
⑥ 大葉を加えて炒める。牛肉を加え、醤油を混ぜてさらに炒める。
⑦ 皿に盛って細ネギをふって完成。

スペアリブのオレンジジュース煮

スペアリブをオレンジジュースで煮ることで、変わった酸味と旨味を楽しむことができます。
オレンジジュースは果汁100%のものを使うと良いです。ジュースと醤油の割合は4:1にしておきます。
煮込む際にニンジンやブロッコリーなど好みの野菜を入れて一緒に調理することもできます。

※2人分
スペアリブ 500g
にんにく 2片
玉ねぎ 1個
しめじ 1パック
オリーブオイル 大さじ1
オレンジジュース 湯飲み4杯分程度
醤油 湯飲み1杯分程度

① スペアリブに塩胡椒をしておく。玉ねぎを食べやすい大きさに切っておく。
② にんにくをスライスし、オリーブオイルを入れたフライパンに入れて火にかける。
③ スペアリブをフライパンに加えて、両面に焼き色を付ける。
④ ジュースと醤油を③に加える。分量として、肉が浸るくらい入れる。
⑤ 切っておいた玉ねぎを加える。沸騰したら蓋をして、弱火で30分程度煮込む。
⑥ 皿に盛りつけて完成。

まとめ

普段の献立とは一風変わった洋食レシピをご紹介しました。
定番とは違った味付けのレシピを知っておくと、料理にバリエーションを持たせることができます。
どのレシピも、他の食材を加えたり調味料をかえたりすることで、簡単にアレンジをすることができます。自分だけの好みのレシピを作る際の土台にすることもできます。