レシピ本の売れ筋ランキングについて

料理のレシピ本の売れ筋ランキングについてご紹介します。

1.パリの小さなキッチン

285ページ/翔泳社 (2014/5/15)

フランス料理のレシピが綺麗な写真とともに紹介されているレシピ本です。
フランス料理というと、手間のかかる下ごしらえや時間をかけたソース作りといった、敷居の高そうなイメージがあります。
この本では、アパートの小さなキッチンで作ることができる家庭料理としてのフランス料理が紹介されています。家で手軽に美味しいフレンチを楽しむためのレシピ集になっています。
メニューはテーマ別のカテゴリーに分かれており、毎日の料理、おやつの時間、友人や家族との食事、恋人との時間などのカテゴリーがあります。
目的にあわせて様々なタイプのレシピを学ぶことができるので、日々の献立から特別な日の料理まで、多くのレパートリーを習得することができます。
入手しにくい食材については代用品も紹介されているので、スーパーなどで手に入る食材で本格フレンチに挑戦することができます。

2.syunkonカフェごはん レンジで絶品レシピ

55ページ/宝島社 (2016/4/28)

電子レンジだけで簡単に調理できるメニューが紹介されている、便利なレシピ本です。
食材を分量通りに用意して電子レンジに入れるだけで、様々な料理を手軽に作ることができます。
この本の魅力は豊富なメニューにあります。肉じゃがや生姜焼きなどの定番肉料理から、ハッシュドビーフやクリーム煮などの洋食屋風メニュー、チーズケーキなどのデザートまで、様々なメニューがレンジだけで調理できます。
特徴的なのは、パスタも丁度良い茹で加減のものをレンジで作ることができます。また、グリルで焼いたりコンロで鍋を煮なくても、魚料理を作ることができます。
簡単な調理だけで、手間がかかっているように見えるメニューを沢山作ることができるので、惣菜ではなく、きちんと食材を買おうという気になります。
メインはきちんと手間をかけて作り、あと一品が欲しいというときにも便利なレシピ本です。

3.料理の基本 (ORANGE PAGE BOOKS 男子厨房に入る)

111ページ/オレンジページ (2008/1/17)

野菜の切り方や正しい下処理の方法、魚のさばき方など、料理の基本が丁寧に紹介されている本です。
通常のレシピ本では一言だけで記載されている基本的なテクニックが、豊富な写真と端的でわかりやすい説明で紹介されており、初心者におすすめの一冊です。
普段はレシピ本を参照して料理をし、本の中でわからないことがあったらこの本を参照して確認する、という辞書的な使い方をすることもできます。

まとめ

料理のレシピ本の売れ筋ランキングについてご紹介しました。
狭いキッチンでも家庭的で実用的なフレンチに挑戦することができるもの、電子レンジで調理するだけで簡単にレパートリーを増やすことができるもの、料理の基本を丁寧に学ぶことができるものがあります。
これらの本の共通の特徴は、大きくわかりやすい写真がふんだんに使われており、料理の方法が理解しやすいという点です。
基本的な知識を写真とともにしっかりと理解することで、骨太の料理につなげることができます。