洋食を簡単に作れるレシピ

いつものメニューとは一味違う、洋食メニューを自宅で簡単に作ることができるレシピをご紹介します。

フライパンで炒める洋風肉じゃが

トマト缶とセロリを加えることで、洋風の肉じゃがを楽しめるレシピです。
ジャガイモをあらかじめレンジで加熱しておくことで調理しやすくなります。

※ 約2人分
合挽き肉 100g
ジャガイモ 中3個
タマネギ 1/2個
セロリ(葉先) 2束分
カットトマト缶 1/3缶
コンソメ 1個
粉チーズ 少々
塩 少々
胡椒 少々

① ジャガイモの皮をむいて一口大の大きさに切っておく。タマネギは薄切りにする。セロリは茎がある場合は斜めに薄切りにしておく。
② ①のジャガイモを耐熱皿に入れて、水を少量加えてラップをかけ、レンジで600Wで3分ほど加熱する。
③ フライパンに挽き肉を入れて、塩と胡椒で味付けをして炒める。ある程度塊がある形で炒めておくと食べやすくなる。
④ 挽き肉に充分に火が通ったら、タマネギを加えて炒める。タマネギが透き通ってきたら、②のジャガイモを溜まった水気ごと入れて炒める。
⑤ ④にトマト缶を加えて5分程煮込む。
⑥ コンソメを加えて、フライパンに蓋をして弱火で5分煮込む。
⑦ フライパンが煮詰まったら、塩、胡椒、粉チーズで味を調える。
⑧ セロリを加えて軽く炒める。セロリに軽く火が通ったら、盛り付けて完成。

洋食屋風のグリルチキン

液に漬けて焼くだけで、洋食屋風のグリルチキンを作ることができるレシピです。
冷蔵庫で液に漬けておく時間をしっかりとることで、味が良く馴染みます。

※ 1人分
鶏もも肉 1枚
粒マスタード 大さじ1
ローズマリー 1枝
白ワイン 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
はちみつ 小さじ1
塩 小さじ1/2
醤油 少々

① 鶏もも肉以外の材料を混ぜ合わせて、マリネ液を作る。
② 鶏もも肉の余分な脂や筋を包丁で取り除き、皮の部分にフォークである程度穴を開けておく。
③ ビニール袋にマリネ液と鶏もも肉を入れて、袋の上から揉んでいく。その後、冷蔵庫で1時間以上冷やしておく。
④ フライパンにサラダ油をひいて、皮から焼く。皮の表面がカリッとしてきたら裏返し、少し火を弱めて焼く。肉の中まで火が通ったら盛り付けて完成。

簡単便利な玉子スープ

どんな料理とも相性が良く、使いやすい玉子スープのレシピです。
玉子を入れる前に片栗粉をといておくことで、玉子がふわふわとした感触になります。

※ 4人分
玉子 1個
鶏ガラスープの素 大さじ1と1/2
醤油 大さじ1
片栗粉 大さじ1/2
塩 少々
胡椒 少々

① 鍋に7分目程度の水を入れて、鶏ガラスープの素を加えて火にかける。
② 塩、胡椒、醤油を加えて味を調整する。
③ 一度火を止めて、片栗粉を水でとく。スープに少しとろみがつくまで再び火にかける。その後、割りほぐした玉子を少しずつ加えて完成。

まとめ

洋食メニューを自宅で簡単に作ることができるレシピをご紹介しました。
フライパンを火にかけるだけで作れる洋風の肉じゃが、マリネ液に漬けこんで焼くだけで完成するグリルチキン、色々な料理と組み合わせて使える玉子スープがあります。
どれもあまり時間や手間をかけずに洋食屋風の味を楽しむことができるレシピなので、自宅ですぐに挑戦してみることができます。