洋食とは、日本にしかない食文化です。
西洋風の料理や食事のことをさします。
なのでフランスへ行ってもイタリアへ行ってもオムライスやナポリタンは存在しません。
日本オリジナルの洋食のお料理です。
そんな洋食のお魚料理ってどんなのがあるんでしょうか・・・?

洋食料理のお魚料理と言えば・・・魚のフライ

お魚でみなさんがよく食べられるのはアジフライや白身魚のフライではないでしょうか?
街の洋食屋さんに行くと必ずある「ミックスフライセット」
エビフライ、アジフライ、クリームコロッケなどが一つのお皿に盛り付けられた日本にしかない洋食屋さんの定番メニューです。
季節やお店によってこのメニューがかわるので楽しいですよね。牡蠣の旬の際には必ずカキフライが登場しますし、クリームコロッケも蟹クリームやシーフードを使ったものもあれば、牛肉コロッケのお店もありますし・・・。

※ちょっとした豆知識
フライとは、魚介類や野菜に衣をつけて油で揚げた料理を言います。
牛、鶏、豚を使用して衣をつけて油で揚げた料理はカツレツと呼ばれています。
このカツレツはフランス語コートレット(骨付き背肉)からきていると言われています。

洋食でお魚料理といえば・・・ムニエル

ムニエルとは、白身魚に粉をまぶしてバターで焼き上げるフランス生まれの魚料理です。
粉をまとわすことにより表面はパリッとして中身の水分は粉が守るので中はジューシーでふわっとした食感です。
白身魚以外にもよく使われるのはサーモンや鮭でしょうか・・・。
ムニエルの作り方は簡単です。
下処理をしたお魚に塩コショウをして下味をつけ、小麦粉(薄力粉を使うお店もあれば強力粉を使うお店もあります。私は強力粉はです。アレルギーがある方は米粉でも代用できますよ)を刷毛で薄くつけます(たっぷりつけすぎるのはNGでうっすらまとうくらいで大丈夫ですよ)

フライパンにバターを入れ、バターが溶け出したら魚を皮目から入れて強火で焼きます。

焼き色がついたら、裏返し身の部分を焼きますが、ここで強火のまま焼いてしまうと身が固くなってしまうので裏返したら弱火もしくは余熱で火を通します。

我が家では、下処理、下味、粉の後バターで皮目から焼いて皮をパリッとさせ、裏返します。弱火で少し焼き色がついたら火を止めて蓋をして蒸らして火を通します。
すると、ふっくら柔らかな食感のムニエルになりますよ。

この「粉」がすごくポイントなので忘れないでくださいね。粉をつけてやくからムニエルです!またこの粉の役割は大切なので・・・。

洋食の魚料理ムニエルに合わせるソースは・・・

付け合わせるソースはご家庭やお店によって異なりますがよく使われるのは「レモンソース」でしょうか。
魚を焼いたフライパンをそのまま使います。
キッチンペーパーで余分な脂をふき取り、バターを入れ溶かします。そこへレモン汁を加えて混ぜたらレモンソースの完成です。
このレモンソースもお店やご家庭によって作り方は様々紹介されていますので、好みにあったソースを見つけてみてくださいね。
我が家ではここに少しだけ焦がし醤油を入れます。
バターを溶かしてレモン汁を加えたら、フライパンの縁に少しだけ濃い口しょうゆを落として醤油を焦がします。それをフライパンを回してレモンソースと混ぜるだけで日本人好みの美味しいソースができますよ。

まとめ

洋食の魚料理と言って改めて聞かれると、なんだっけ?って思いませんでしたか。
私も、魚料理・・・?ってなりました。
けどよくよく考えるとフライもムニエルも昔から日本の食卓にある洋食なんですよね。
魚料理の洋食と聞かれて最初は悩みましたが、日々食べているお料理ばかりでした。