私が生まれ育った街神戸。海と山に囲まれた自然豊かで異国文化溢れる街です。
貿易港として昔から栄えており、船員さん達が多く住んでいた街でもあります。
そんな神戸は昔から洋食の街として知られており、今現在でもたくさんの洋食屋さんが街のいたるところに存在します。
そんな洋食の街神戸で洋食と言えば・・・と質問すると必ず名前があがる「洋食の朝日」をご紹介します。

洋食の朝日・・・一番の人気メニューは

洋食の朝日と言えば・・・「ビフカツ」が人気ですし、看板メニューと言っていいでしょう。
肉厚のビーフを揚げた正しくはビーフカツレツ。でもみんなビフカツって言いますけどね。揚げたカツの中のお肉はちょうどいいレア!なのに外はサクッとしていてとても食べ応えのあるビフカツです。
また、オリジナルのデミグラスソースとの相性もバッチリです。
洋食の朝日に行ったら、必ず食べてほしい一品です。

洋食の朝日・・・隠れてた人気メニューは

洋食の朝日の隠れた?いや隠れてないですかね・・・。これは行ったらぜひ食べてもらいたい!「クリームコロッケ」テーブルに運ばれて来たらびっくりしますよ!大きさに・・・。
この大きさでこの値段でいいんですか?って思うくらい大きいです。
そして何より具だくさん!ベシャメルソースがグラタンのようにトロッとしていてその中からたっぷりの魚介類が出てきます。本当に感動するくらいオイシイので是非食べてもらいたい一品です。でも、熱々なのでやけどには注意してくださいね。

洋食の朝日・・・私のおすすめメニューは

我が家でもよくつくる一品ですが、やっぱりソースが違うんですよ・・・。
それは「ポークケチャップ」です。
作り方はとてもシンプルなのに、食べてしばらくするとまた食べたくなる味なんです。
私は、ポークケチャップをご飯の上にのっけてご飯と一緒にパクッと食べちゃいます。
後を引く美味しさなんですよね。

洋食の朝日・・・タレがいいメニューは

「エビフライ」です。ぷりっぷりの大きな海老にもびっくりですが、それがまた甘くておいしい海老なんです。
それに合わせた「タルタルソース」これは自分では絶対作れない・・・。
タルタルソースはそのお店の個性が出るので、洋食屋さんに行ったら必ずエビフライは注文してタルタルソースだけ味わっちゃうんですが・・・。
ここのタルタルソースは酸味がきつくなく卵が多めのように思いました。
なのでソース自体も食べ応えがありますし、お子様でも食べれるタルタルソースです。

洋食の朝日・・・店舗情報

店名:洋食の朝日

住所:〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通8-7

最寄り駅:阪神電鉄 西元町駅西出口

最寄り駅は西口、東口あるんですがどちらもでOKです。ただ、初めて行くなら西口に出て北側へ出て信号を渡り高架下をくぐります。北へ歩いて信用金庫の次の角を右に曲がってトコトコ歩いているとあります。最初は通り過ぎてしまうかもしれません・・・。

ちなみにその並びには、こちらも雑誌やテレビでよく紹介されている焼肉屋さんがあります。西元町、花隈はちょっと神戸の中心からは西になるんですが、隠れ家的なオイシイお店がたくさんあるので少し勇気を出して路地に入ると面白いですよ。

まとめ

お料理雑誌やお店紹介、洋食屋さんの紹介や神戸の美味しいお店特集では必ず登場する洋食の朝日さんですが、お店自体は大きい構ではなくて本当に古くからある街の洋食屋さんです。あの雰囲気を今から出すのは難しいだろうなと思います。

ただ現在は営業時間がランチタイムだけなので行列は覚悟で行って下さいね。
全部かなりのボリュームがあるのでみんなで分けて食べるのも女性ならありだと思います。
神戸で何食べようかな~と思ったら、洋食屋さんを選んでみてください。はずれはなしです!あぁクリームコロッケが食べたくなりました。