洋食屋 せんごく

東京のおいしい洋食店。それは「せんごく」です。昔ながらの味わいを楽しみに今も多くの人が訪れています。その人気は東京都内でたくさんのチェーン店を持つほど。けれど今回は、中でもこのお店が生まれた本店をご紹介します。

場所は丸の内線や東京メトロ南北線の後楽園駅から徒歩5分程度、都営三田線・大江戸線の春日駅から徒歩1分の場所にあります。駅前でさまざまなグルメが集まる場所ではあるけれど、こちらのお店も他のお店に負けず、大変な人気があるんですよ。

洋食というと、ちょっとだけオシャレをして訪れる、優雅なディナーやランチを思い浮かべるかもしれません。けれど、こちらの「せんごく」は日本人好みの味を、カジュアルでリーズナブルに提供する、昔から愛されている洋食を出すお店なんです。

だからこそランチ時には、働き盛りのサラリーマンや、食べ盛りの学生さん、グルメな主婦の方からご高齢のカップルまで、年齢や性別を問わず、近くに住んでいる方でとってもにぎわうんですね。

では次に人気のメニューをご紹介します。

魅力はなんといってもハンバーグ

こちらのお店に来たのならば、ぜひ食べていただきたいメニューは「ステーキハンバーグ」です。こちらは玉ねぎなどのつなぎを使わず、お肉だけで仕上げた、とてもシンプルなもの。

素材にこだわっており、新鮮なお肉をお店でミンチにし、それをしっかりとこねあげて作っているだけあって、噛むたびにお肉のおいしさが溢れだします。ボリュームたっぷりではあるけれど、胃もたれをするような、油っぽさはなく、食べ終わりはとってもアッサリとしているんですね。だからこそ、何度でも食べたくなるおいしさなんです。

またつなぎに玉ねぎを使ったハンバーグもあり、こちらは家庭で食べられるようなほっとする味わいです。そんなハンバーグの上にデミグラスソースがたっぷりとかかり、目玉焼きを乗せた「デミたまハンバーグランチセット」もおいしいんですよ。

さらに洋食といえばやっぱり「オムライス」な方にも満足してもらえるよう、とろとろふわふわな卵でできたオムライスに、いっぱいのハッシュドビーフがかけられたメニューもあります。どんな方でも満足していただける、そんなおいしいお店です。

どのメニューもお腹いっぱいになるけれど、あっさりとした味わいなんです。だからこそどんな方とも来られる、安心感のある楽しいお店なんですね。ぜひお誘い合わせて訪れてみて下さいね。

リーズナブルな価格も人気

さらに嬉しいことに、こちらのメニューは普通の洋食店では考えられないほど、とってもリーズナブルなんです。ステーキハンバーグの200gでも1,280円という安さ。ほかのメニューも1,000~1,500円以内で食べられるんですよ。

ただせんごくステーキという厚切りステーキのみは3,000円~6,000円なんですね。なかなかいつでも食べられるメニューではないけれど、そのおいしさは、お値段以上とも言われています。大きな大きな厚切りステーキを一口食べれば、きっとエネルギーも満点になるはず。

どのメニューも値段にかかわらず、一皿一皿大切に、丁寧に作られていることがすごくよくわかります。まずはハンバーグステーキからこのお店を知り、そこからさまざまなメニューもぜひ食べてみて下さいね。

まとめ

洋食「せんごく」はほかに、新板橋店と本郷店があります。どちらでも本店と同じメニューが食べられるので、ぜひ訪れやすい場所のお店にアクセスしてみて下さいね。

春日にはほかに「とんかつ」を扱ったせんごくもあります。こちらもお肉のうまみを味わえ、さらにエビフライなどの洋食もいただけるお店として大人気です。ぜひお気軽に楽しいお店へ訪れてみて下さいね。