洋食にまつわる英語での表記と意味

洋食には、レシピや前菜など料理についての用語が沢山あります。
ここではそれぞれの用語の英語での表記と意味についてご紹介します。

用語

レシピ cooking
材料に手を加えて、食物を作ることです。また、そうして作られた物のことです。

メニュー menu
料理の献立や品書きのことです。献立とは、出す料理の組み合わせや順序を示したものです。品書きは、品物の名前を書き並べたものです。

食事 meal
物を食べることです。また、盛りつけた食品のことです。

朝食 breakfast
朝に食べる食事のことです。

昼食 lunch
昼に食べる食事のことです。ランチメニューはlunch specialです。

夕食 dinner
夕方や晩に食べる食事のことです。

軽食 snack
軽い食事、簡単な食事のことです。

定食 set meal
あらかじめいくつか料理の組み合わせを決めてある献立による料理のことです。また、複数の定まった料理を提供するものです。

並 regular
ごく一般的であること、中くらいであることです。料理の程度の表記に用いられます。日本では梅とも表記します。

上 special
高い位置にあること、優れていることです。料理の程度の表記に用いられます。日本では竹とも表記します。

特上 extra-special
最上のもの、上のうえで特別に上等なことです。料理の程度の表記に用いられます。日本では松とも表記します。

~人前 ~helping(portion)
~人に割り当てる食事の量のことです。

大盛 large helping(portion)
食べ物などを器に普通よりも多めに盛ることです。また、普通よりも多めに盛った食べ物自体です。特盛はextra-large helping(portion)です。

前菜 appetizer
正式の献立コースの前に提供する小品料理のことです。食欲をそそるためなどに用います。オードブルともいいます。

メインデッシュ main dish
西洋料理においてコースの中心となる料理のことです。一般に肉料理か魚料理が用いられます。

食前酒 aperitif
食事の前に飲む酒のことです。ラテン語の開くという意味のaperireを語源とします。18世紀にイタリアのトリノから始まったものと言われています。食欲を増進させたり、会話を弾ませるきっかけに飲む酒で、食事をより有意義に楽しむためのものです。

宴会 banquet
飲食を共にすることにより、絆やコミュニケーションを深める行為のことです。ある程度まとまった人数で行う場合をいいます。本来的な意味は、酒食を共にし、歌や踊りを楽しむための集まりのことです。

祝宴 feast
めでたいことを祝うための宴会のことです。

肴 small dish for alcohol
飲酒の際に添える食品のことです。また、飲酒の際に楽しむための歌や話題など、様々な対象のことです。酒肴、つまみともいいます。

弁当 box lunch
外出先で食事するために、器物等に入れて持ち歩く食品のことです。その器物を指すこともあります。また、外出先でとる簡単な食事のことです。

ビュッフェ buffet
立食形式のパーティー、列車などで立ったまま食べる簡易な食堂のことです。主に立食形式で好きなものを取り分けて食べる食事のことをいいます。

バイキング smorgasbord
一定の料金で、多種多様な料理を選んで食べる形式のものです。

バーベキュー barbecue
薪や炭などを用いた弱火によって、肉や野菜などをじっくりと焼く料理、またはその調理法を指します。本来的な意味は、半日以上火を通した丸焼きのことです。

まとめ

洋食にまつわる英語での表記と意味についてご紹介しました。
それぞれの用語の意味を知ることで、洋食をより深く楽しむことができます。