エビフライタルタルソース

材料(3~4人前)

・むきえび(冷凍でも可):15尾
・小麦粉:大さじ2
・パン粉:大さじ3
・卵:1個
・塩コショウ:少々

タルタルソース
・ゆで卵:2個
・マヨネーズ:大さじ3
・コンソメ:小さじ1
・玉ねぎ:半玉
・塩コショウ:適量

1.【えびの下処理】キッチンペーパーで水分をしっかり拭き取ります。
2.次に塩コショウをつけ、下味をつけます。
3.【タルタルソース作り】卵を水の張った鍋に入れ、そのまま10分加熱します。
4.10分後氷水にしっかりとつけ、殻を割り、キッチンペーパーで水分を取ります。
5.卵を包丁で細かく刻みます。
6.玉ねぎのみじん切りをします。
7.5と6をボウルに入れ、調味料を全て入れてしっかりと混ぜ合わせます。
これでタルタルソースは完成です。
8.下処理が終わったえびに小麦粉→卵→パン粉の順で衣をつけます。
9.190度の油できつね色に変わるまでしっかりと揚げます。
※二度揚げは必要ありません。
10.揚げあがったら、油分をキッチンペーパーで吸い取り、お皿に乗せます。
11.上にタルタルソースをかけて完成です。

やっぱり洋食で食べたいのはエビフライではないでしょうか。冷凍むきえびが簡単に手に入る現在ではいつでも作れるメニューになりました。

もし本場の洋食店のようなエビフライを作りたい!という方は、少し高価な有頭えびを使用します。下処理を行う際、筋に包丁で小さな切込みを入れていくと、まっすぐに伸びたエビフライにすることもできますよ。

タルタルソースのゆで卵はできるだけ細かく刻み、クリーミーなものにするのも良いですし、大きく切り刻み、卵の食感を楽しむのも良いですね。玉ねぎではなく、キュウリを入れると、彩りも鮮やかになります。この共に入れる野菜はしっかりと水分をとり、できるだけ細かく切りましょう。

油で揚げる時は、高温でしっかりと揚げます。えびの水分をしっかりととっておかないと、油はねが起き危険なので、注意して下さいね。衣はパン粉を多めにつけるとサクっとします。卵を多めにするとふわっと仕上がるので、好きなようにアレンジしてみましょう。

付け合わせにはキャベツの千切りをたっぷりと盛りつけ、お野菜と共に、サクサクのエビフライを食べてみて下さいね。

鮭のムニエル

材料(4人前)
・塩鮭:4切れ
・おろしニンニク(チューブでOK):小さじ2
・オリーブオイル:大さじ1
・白ワイン:小さじ1
・ブラックペッパー:少々

オーロラソース
・マヨネーズ:大さじ2
・ケチャップ:大さじ2
・コンソメ:少々
・塩コショウ:少々
・牛乳:小さじ1

トッピング
・パセリ:適量

1.鮭は水分をキッチンペーパーでしっかりと取ります。
2.塩コショウをし、下味をつけます。
3.フライパンにオリーブオイルをひき、ニンニクを温めます。
4.香りがたったら、鮭を入れます。
5.両面をこんがりと焼き、火を弱めます。
6.白ワインを入れます。
※この時、火が強いままだとフランベ状態になるので注意して下さいね。
7.その後火を中火に戻り、ふたをして蒸し焼きにします。
8.1分後、火をけしお皿に盛り付けます。
この時、焼いたフライパンは洗わずそのままにしておいてください。
9.オーロラソースを作ります。マヨネーズとケチャップを合わせてよく混ぜ合わせます。
10.鮭を焼いたフライパンに9を入れます。
11.弱火で少し温め、牛乳→コンソメを入れのばします。
12.味をみながら塩コショウでととのえます。
13.沸騰寸前で火を止め8にかけ、パセリを振って出来上がりです。

和風料理の定番鮭は、洋食でも大定番の食材なんです。とくにこの鮭のムニエルは隠し味で入れる白ワインの味が引き立ち絶品です。オーロラソースをかけると、鮭の甘さが引き立ちもっとおいしくなります。鮭があれば、自宅の材料で簡単にできます。けれど、見た目は華やかなパーティにもOKなメニューですよ。ぜひ一度作ってみて下さいね。

まとめ

今回は洋食といえばなメニューを2点ご紹介してみました。どれもいつでも簡単にできるおいしいレシピばかりです。子供から大人まで、だれもが喜んで食べてくれる料理なので、気になったメニューはぜひ作ってみて下さいね。