洋食いしだとは

洋食いしだは赤羽の住宅街の中にひっそりと佇む、老舗の洋食屋です。
そこだけ古き良き時代にタイムスリップしたかのような古風な店舗の看板には、手書きのコックの絵とともにハンバーグ、トンカツ、グラタンと書かれています。
看板の下には昔ながらの暖簾があり、そこにも手書きで洋食いしだの文字。隣には昔ながらのメニューの模型が時代を感じさせるウインドーに展示されています。
小上がりのテーブル席が昭和テイストを醸し出す店内はすっきりとまとまっており、一人でも入りやすくなっています。
カウンター席からは使い込まれた厨房を見ることができ、無駄なく丁寧に料理を仕上げていく熟練の技を鑑賞することができます。
メニューには、ポークカレー定食、カツカレー、マカロニグラタン、カツサンドなどの昔ながらの洋食が用意されています。
メニューは注文を受けてから一つ一つ丁寧に調理していくのですが、長年の経験によって培われた無駄のない調理によって、ほとんど待つことなく提供されます。
ほとんどのメニューは1000円以下で注文することができ、値段も昭和テイストの良心的な設定になっています。

やきめしスペシャル

やきめしスペシャルは、焼き飯にスパゲティナポリタンとコールスローサラダが盛り付けられた、昔ながらのメニューです。
バターを基本にして仕上げられた焼き飯はしっかりした香ばしさがあり、一口食べる度に食欲が湧いてきます。
しっかりと塩胡椒された焼き飯の具材には、ソーセージ、玉子、ピーマン、たまねぎなど、昔ながらの素材が用いられています。
その中でも、特にソーセージが重要な役割を果たしています。風味豊かで絶妙な味付けのソーセージが用いられることで、チャーハンでもピラフでもない、まぎれもない洋食屋の焼き飯を構成しています。
ナポリタンはケチャップに頼り過ぎることなく、しっかりと特徴的な味付けが加えられていて、焼き飯の懐かしいテイストとの違いが上手く表現されています。
サラダはトマト、レタス、きゅうりなどを用いた定番のコールスローの下に、丁寧に味付けされたポテトサラダが隠れており、食べごたえがあります。

オムライススペシャル

オムライススペシャルは、ナポリタンとオムライスのコラボ(*^^)v
ナポリタンは、太麺に味が濃厚な懐かしい味。
オムライスは今どきのトロトロしすぎた柔らかいだけのオムライスではなく、ほど良い固さの卵の生地で包まれています。
ライスにはバターを基調とした味がしっかりとついており、さっぱりしたケチャップと絶妙なハーモニーを奏でます。
オムライススペシャルにもナポリタンとコールスローサラダが付きます。

アクセス

TEL:03-3903-5087
予約可
住所:東京都北区赤羽2丁目54-7
東京メトロ南北線・赤羽岩淵駅から徒歩3分
営業時間:11:30~21:00
定休日 :毎月3日・13日・23日

まとめ

赤羽の老舗の洋食屋、洋食いしだについてご紹介しました。
一度見たら忘れられないレトロな看板や外観だけでも一見の価値がありますが、店内では熟練の洋食シェフの手による丁寧な料理を手頃な値段で堪能できます。
様々な面から楽しむことができる、貴重なお店といえます。