新橋の老舗店「洋食すいす」

・住所:東京都港区新橋6-13-12
・電話番号:03-5473-1174
・営業時間:平日)ランチ11:30~14:00/ディナー18:00~20:00
土曜)11:30~14:00
・定休日:第一1・3土曜/日・祝

洋食スイスは2016年3月に新橋3丁目から6丁目に移転した老舗洋食店です。新橋駅から徒歩5分の場所でオープンをし、もう40年以上ずっと愛され続けているおいしい洋食店です。そのお店が6丁目に移転し、規模も少し縮小した形で営業を開始しました。けれど、その人気はさらに高まっており、お昼時は1時間以上待たされてしまうこともあるほどの人気になっています。

新橋と言えば、やっぱりビジネス街があり、多くの働き盛りの人々がいますね。そんな新橋でずっと人気が変わらない、その秘訣はどこにあるのでしょうか?

料理のボリュームと価格

なんといっても、このお店の人気は運ばれてくるお料理のボリュームがものすごいことです。「食べきれるかな?」と不安になるほど、お皿いっぱいの大きなメンチカツやハンバーグ。そしてカツカレーはお皿からこぼれそうなほどご飯とルーが乗っています。

お仕事を頑張りたい時は、やっぱりおいしいご飯をお腹いっぱい食べると、エネルギーがたっぷりと出てきますよね。そんなお客さんを応援するために、「洋食すいす」では創業当時からずっと、この大きいボリュームたっぷりのお料理を作り続けています。

そして、家族を支えている方も多いからこそ、嬉しいのがそのお値段。大きな大きなメンチカツでも、たった780円というリーズナブルさなんです。どうしてこのお値段で出せるのか、それは企業秘密なようですが、東京の洋食店でこのリーズナブルさを探すのは少し難しいかもしれません。

かといって、料理の味は他に引けを取っておらず、中には「メンチカツを出すお店の中では一番おいしい!」と言う方も少なくないんです。それだけここのお店にはファンが多く、そして常連さんもたっぷりといます。

気さくな店主と優しい奥様

こちらの「洋食すいす」はご夫婦で経営しています。3丁目にあった大きなお店では、ウェイトレスさんもいらっしゃいましたが、今はこの2人のみでお店を切り盛りしています。だからこそ、その心温まる雰囲気も大人気です。お昼時はとっても混雑していますが、どこかのんびりとできるんですね。

現在は完全禁煙となり、食後にタバコを楽しむ人も減ったので、だれもが落ち着いてご飯を食べられるようになりました。何よりもお客さんがしっかりとご飯を食べて元気になってもらえるように、という心意気が感じられるお店なことも、人気の理由です。

古さと新しさの融合

新しいお店だからこそ、その内装もキレイで、窓側の席からは季節の花が見える事もあります。老舗といっても、昔ながらの雰囲気を残すのではなく、新しいとってもおしゃれな店内になっています。けれど、こころ温まるサービス・おいしいお料理の数々はずっと変わっていません。この古さと新しさが相まった、このお店だからこその雰囲気も人気の秘訣なのかもしれません。

まとめ

「洋食すいす」は少しだけ小さくなりました。でもその味・雰囲気・サービスは何も変わっていません。もっと丁寧においしい料理を届けたいと願う店主の気持ちを尊重して、ここに移転してきたそうです。お昼時は大混雑となるお店ですが、お仕事を頑張るために、このお店でランチをいただくのもオススメです。もし観光がてら遊びに行くのなら14時以降だと、待たずに入れますよ。気になる方はぜひ、訪れてみて下さいね。きっとあなたのお気に入りのお店に入るはずです。