にっぽんの洋食江戸一とは

にっぽんの洋食江戸一は、茨城県鉾田市にある洋食屋です。
国道から見える位置にありますが、国道沿いではなく、細めの道路を少し入ったところにあります。
市立の中学校の隣にある建物は、一見すると民家のような外観です。中に入ると、古民家を改装したような和のテイスト溢れる室内になっています。
囲炉裏やひょっとこの仮面、提灯などがある中に、多くの有名人の写真やサインが飾られています。厨房には和洋折衷という額もあります。
漢字で目新と書かれた特徴的なメニューには、洋食の定番メニューが並んでいます。
にっぽんの洋食江戸一のお勧めメニューをご紹介します。

ハンバーグ定食 950円

たっぷりのデミグラスソースがかかったハンバーグの定食です。ハンバーグのふわふわとした柔らかい食感に、コクのあるデミグラスソースが絡んで沢山食べることができます。
半熟の目玉焼きも付いており、これをハンバーグの上で潰してみると、トロトロに溶けた黄身とデミグラスソースが混ざりあい、また別の美味しさを楽しめます。
ハンバーグ定食以外にも、定食には小鉢、サラダ、漬物、ご飯、味噌汁がフルセットで付きます。
サラダは単品メニューのカレー風味もやしサラダで、さっぱりとして食べやすいため、料理の口直しに適しています。
小鉢は特製のきんぴらごぼうで、どこか懐かしい家庭の味を感じさせます。

カニコロッケ定食

大きなカニクリームコロッケが2個です。
ワンプレートの付け合せの野菜の量が非常に多く、まさに山盛りのため、サラダは不要な一品です。
コロッケは衣がしっかりしており、中のカニクリームも濃厚で食べごたえがあります。
一口食べるごとにサクサクの衣とトロトロのクリームが絡み合い、いつまでも噛んでいたくなるような食感が楽しめます。

ビーフシチュー定食

ほろ苦い味の大人のビーフシチューが定食になったものです。
見た目も味もかなり濃厚ですが、バルサミコ酢のおかげもあり、嫌味のない濃さに仕上がっています。
ビーフシチューのソースには赤ワインがたっぷり使われており、豊かな香りと風味があります。
また、カカオのコクと苦味が隠し味に使われており、味に深みがあります。
じっくり煮込んだ肉、にんじん、ジャガイモ、インゲンなどが具材として使われています。
ゴロゴロと入ったボリュームのあるジャガイモをソースに絡めて食べると、なんともいえない美味しさがあります。
味と中身が充実しているので、見た目以上の満足感があります。

アクセス

TEL:0291-39-6689
住所:茨城県鉾田市大蔵1335-45
大洋駅から644m
営業時間:11:00~14:00 (L.O13:30)
17:30~21:00 (L.O20:30)
定休日:日曜日

まとめ

にっぽんの洋食江戸一についてご紹介しました。
カレーライスが日本の代表的な食事メニューとして定着したように、日本の風土の中で工夫されてきた和の洋食を堪能することができます。
古民家をモチーフとした和風の店内で、ボリュームのあるメニューを楽しむことができます。ランチはご飯のお替りが自由なので、さらにたっぷり食べることができます。
値段も手頃で、安くて美味しいという言葉の意味を実感することができるお店です。