そよいちとは?

そよいちとは、東京は人形町で長年愛されている洋食のお店。老舗のグルメな洋食店が並ぶ東京でも、とっても有名なお店の一つなんです。

人形町はもともと下町。だからこそ昔ながらの江戸っ子がたくさんいるんですね。さらに、老舗の多い人形町は、洋食店もたくさんの名店があります。そんな活気づいた周辺を散歩しながら、人形町交差点の近くに入ってみましょう。そこには昔から変わらないおいしい洋食を提供する「そよいち」があります。

さて、こちらのそよいちを創業した店主は女性です。そもそも「キラク」という老舗洋食店で修業をしていた方が、独立して始めたお店なんですね。その女性が修業して作っていたメニューを、こちらのお店でさらにおいしくし、人形町はもちろん東京で話題になったお店なんです。

では次にそんなオススメのメニューをご紹介しますね。

人気のメニューはこれ

そんな創業当時から大切にされているメニューが「ビーフカツ」です。ちょっとだけレアなお肉を薄くサクサクとした食感の衣で揚げていただきます。お皿いっぱいの量の大きさに驚いてしまうかもしれませんが、きっとそのおいしさで最後までだれもがペロリと食べてしまうはず。

口に入れれば、牛肉のうまみがたっぷりと引き立ち、噛めば噛むほどそのおいしさが溢れだしてきます。衣よりも肉がしっかりと主張するおいしいビーフカツなんです。

さらに衣もしっかりとこだわって作られていて、食べ終わった後も胃もたれがしないようにできているんですね。ちょっと濃いめのソースをかけて食べれば、お代わり自由なご飯はどんどん進んでしまうはず。

見た目はボリュームたっぷり、味は心も満足するほどのおいしさではあるけれど、お値段はライス食べ放題とお味噌汁がついて1,800円という安さなんです。これはやっぱり下町だからこそできるサービスですね。

このビーフカツレツは他のお店の何倍もおいしいと、わざわざ遠方からここへ通う方も多いんです。こじんまりとした店内ながら、とても清潔感があり、その味も繊細で何度も食べたくなるクセになるおいしさです。

やわらかい牛肉でできた最高級なカツレツは、ここでしか食べられないおいしさです。ぜひ一度食べに来てみて下さいね。

ほかにもメニューはたくさん!

お昼にカツレツは重いかも…という方のために、さまざまなメニューが用意されています。ハンバーグやオムレツ、カレーライスやエビフライなど…どれも昔から変わらない優しくてちょっとだけ懐かしい味わいのお料理ばかりです。

小さな店舗だからこそ、店員さんとの会話を楽しみながらおいしいお料理をいただけるのも嬉しいですね。こちらのそよいちはL字型の座席になっているので、ワイワイとした下町ならではの雰囲気も楽しめるんです。

中には1日限定10食のレアなメニューもあります。こちらを食べたい場合はお昼でもなるべく早く訪れるのがオススメです。

一度訪れたら、その後何度でも訪れたくなるアットホームな雰囲気が人気です。あなたも優しい下町の人々との触れ合いを楽しみに行ってみませんか?

まとめ

そよいちは、東京でも珍しく女性が立ち上げた洋食店。けれどその味は他店に負けず、根強い人気を誇っています。かきのおいしい季節にはカキフライなども出るので、いつ訪れても秋の来ない、誰もが楽しめ、そしておいしいお料理をじっくりと味わえる名店です。人形町の商店街をのぞきがてら、ランチやディナーはこちらのお店へぜひお入りくださいませ。おいしい料理の数々が、あなたを待っています。