ミートローフ

材料(4人前)

・牛ひきにく:400g
・玉ねぎ:半玉
・バター:5g
・パン粉:大さじ3
・牛乳:大さじ4
・塩コショウ:少々

ソース
・ケチャップ:大さじ3
・とんかつソース:大さじ3
・マヨネーズ:大さじ1

1.縦長のパウンドケーキ型に、少しだけ油をしき、クッキングシートを型どおりに敷いておきます。
2.オーブンを200度に温めておきます。
3.玉ねぎをしっかりと細かなみじん切りにします。
4.フライパンにバターを温め、しっかりと炒めます。
※この時玉ねぎが焦げないように注意して下さい。
5.玉ねぎが透き通ったら、火を止め、別容器に入れて冷ましておきます。
6.ボウルに牛ひき肉を全て入れ、一度ヘラで練っておきます。
7.粗熱の取れた5を入れ、パン粉→牛乳の順で入れ、しっかりとこねます。
8.しっかりと弾力のある生地になったら、塩コショウをいれもう一度こねます。
9.1に全て入れ、表面を平らにし、空気も抜きます。
※少し上から容器ごと、まな板などの上にたたき落としてください。
10.予熱をしあたためておいたオーブンで25~30分焼きます。
レンジにより時間は変化するので、チェックしながら焼いてください。
11.焼いている間ソースの材料を全て混ぜておきます。
12.焼きあがり、粗熱をとったら、型から外します。
13.きれいに切り分け、器に盛り、ソースをかけてできあがりです。

卵を入れるミートローフも多いけれど、やっぱり牛肉だけのみっちりとしたおいしさがを食べてほしい!とこのレシピを考えてみました。パン粉や牛乳の量を自分で変えると、生地の弾力にも違いが出るので、家族や自分の好みに合わせて調整してみて下さいね。

ソースに、少しだけ熱を加えたバターを入れると、さらに濃厚な味になりとてもおいしいです。パーティメニューとして有名ですが、簡単なので、デイリーな料理としても使えます。パウンド型ではなく、好きな容器に入れて焼いても良いですね。

洋食はアレンジが自由自在なのも嬉しいところ。自分のニーズに合わせて楽しみながら作ってみて下さいね。

ラタトゥイユ

材料(4人前)
・ズッキーニ:1本
・パプリカ:1個
・ニンジン:半本
・玉ねぎ:1玉
・トマト缶:1缶
・ニンニク(チューブでOK):小さじ2
・オリーブオイル:大さじ1
・コンソメ:小さじ2
・塩コショウ

1.野菜は洗い、乱切りにします。
2.フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクを入れてあたためます。
3.香りが立ったら、野菜を入れ、しっかりと炒めます。
火は中火で、焦がさないよう注意して下さい。
4.ある程度熱が加わったら、トマト缶を入れます。
5.ホールであればつぶしながら混ぜ、20~30分ほど弱火で煮込みます。
6.ぐつぐつと煮えてきて、ニンジンに火が通ったら、コンソメを入れます。
7.味を見ながら塩コショウを入れ、完成です。

ラタトゥイユはフランスの家庭料理。とても簡単で、いつでも作れる料理として、日本でもとても人気があります。特にズッキーニやパプリカのおいしい夏の時期には、多くの方が作られるメニューです。切った野菜をいため、煮込むだけの簡単メニューながら、見た目はとっても華やかです。

さらにご飯にかけて食べれば、この一品でメニューは完成するんですよ。野菜嫌いのお子様にも喜ばれるおいしさで、きっと何度でもお代わりをしたくなる味です。しっかりと煮込めば煮込むほど、野菜本来のおいしさがでてくるので、時間があれば、30分以上煮込むのもオススメです。フランスで愛されるおいしさを、ぜひ味わってみて下さいね。

まとめ

ミートローフもラタトゥイユも、手間がほとんどかからない簡単なものです。でもできるだけ丁寧に作れば、その味はお店と負けず劣らずとってもおいしくなりますよ。ちょっとしたお祝いの時のパーティメニューとしても良いですし、食べたい時にいつでも作れる料理として作ってみるのもオススメです。難しそう…といった先入観は捨てて、ぜひ一度、こんな料理にも挑戦してみて下さいね!