ヴィシソワーズ

材料(3~4人前)
・じゃがいも:中2個
・玉ねぎ:1玉
・バター:10g
・水:150ml
・牛乳:200ml
・生クリーム:50ml
・オリーブオイル:大さじ1
・コンソメ:小さじ2
・塩コショウ:少々

1.じゃがいもは小さく切り、玉ねぎはみじん切りにする。
2.深めの鍋にオリーブオイルを熱する
3.玉ねぎが透き通るまで炒める。
※焦げないように注意
4.じゃがいもを入れ、分量の水を入れる。
5.沸騰したら、コンソメを入れて、じゃがいもに火が通るまで弱火で煮る
6.竹串がすっと入れば、火をけし、耐熱容器に入れて粗熱を取る
7.粗熱がとれたら、ミキサーに入れて、しっかりとかき混ぜる。
8.具材が残っていなければ、ボウルに移す。
※この時、ザルで濾すとさらにとろっとしたスープになります。
9.ボウルに牛乳を入れ、生クリームも入れる。
10.塩コショウで味を調え、冷蔵庫で2時間以上冷やしてできあがり。

ヴィシソワーズはアメリカ人が作り出したお料理。名前がフランス語なのは、フランス料理のシェフだったからなんですね。プロが作るような料理というイメージがあるかもしれませんが、じゃがいもと玉ねぎさえあれば、あとは簡単にできてしまうお料理なんです。

生クリームはさらに濃厚にするために入れています。けれどすっきりとした口当たりが良いというかたは、牛乳オンリーでもOKです。上にパセリなどをかければ、さらに本格的になります。夏は冷たいヴィシソワーズを、冬はじゃがいものポタージュとして楽しむことができるので、ぜひ覚えておいてほしいレシピです。

大根のほっこりスープ

材料(3人前)
・大根:1/4本
・ほうれん草;1束
・ウィンナー:3本
・オリーブオイル:少々
・コンソメ:小さじ2
・水:600ml
・塩コショウ:少々

1.大根は小さく食べやすい大きさに切る。
2.ほうれん草は振り洗いをし、小さめに切る。
3.ウィンナーも一口サイズに切り分ける。
4.オリーブオイルを熱した鍋にウィンナーを入れ少し炒める
5.お水を入れ、大根を入れて蓋をし、中火で20分煮込む
6.大根にしっかりと火が通っていれば、ふたを開ける
7.ほうれん草を入れ、もう2分ほど中火のまま煮る
8.弱火にし、コンソメを入れ、塩コショウで味を調える。
9.お皿に盛ってできあがり。

大根のおいしい季節にぜひ作ってほしいレシピがコレです。ウィンナーのジューシーさと、あっさりとしたスープが程よくマッチしてとてもおいしいんですね。特に冬の寒い時期には朝から食べたくなるおいしいスープです。少し味を濃いめにしているので、もし薄味が好きという方はコンソメを小さじ1にしてみて下さいね。

また、もし大根の葉があれば、大根の葉をほうれん草の代わりに代用してもOKです。大根の葉には栄養がたっぷりと入っているので、さらにヘルシーで健康的なスープになりますよ。大根の葉を使用する場合は、大根を投入するタイミングで入れて下さいね。

しっかりと大根のおいしさを引き出したいという方は、煮込む時間をながめにして、弱火でしっかりと煮込んでみましょう。そうすると、大根のうまみがさらに出てきておいしいスープになりますよ。

まとめ

体をほっと温めてくれるスープは季節を問わず覚えておくと重宝するレシピです。今回ご紹介したものは私が何度も作ったおいしいレシピなんです。自宅で簡単にできるものばかりなので、ぜひ一度作ってみて下さいね。