洋食の朝日とは

洋食の朝日は、神戸市中央区にある入りやすい雰囲気の洋食屋です。
神戸では美味しいことで有名な洋食屋で、中心街からやや離れたところにありますが、常に行列が絶えないほどの人気店です。

洋食の朝日の特徴

洋食の朝日のメニューの中では、特に揚げ物が人気です。
エビフライやクリームコロッケなどは、単品でも注文が可能なので、メインの定食に追加して揚げ物三昧を楽しむこともできます。
定食はご飯やお味噌、サラダが付きます。特にご飯はおかわり自由なので、お腹一杯食べることができます。
単品注文可能な揚げ物やおかわり自由なご飯など、味だけでなく、コストパフォーマンスも高いお店になっています。
また、サービスが丁寧なのが洋食の朝日のもう一つの特徴です。
常に行列が絶えない人気店ですが、ご飯のおかわりを丁度良いタイミングで聞いてくれたり、行列で並ぶ際に心遣いの声掛けなどを行ってくれます。

ビーフカツレツ(ビフカツ)

ビーフカツレツは、脂身の少ない質の良い牛肉を、丁寧な下処理による職人の技でレア感しっとりに味わうことができます。
肉はとにかく柔らかいのが特徴で、箸だけでも簡単に切り分けることができます。口に入れた際に、歯茎だけでも嚙み切れるほどです。
赤身が適度なバランスで残っており、そこから生じるほど良い甘が濃い目のデミグラスソースと相性よく混ざり合い、絶妙な舌触りを味わえます。
ビーフカツレツを一口食べた瞬間から、まさに蕩けるような口どけに夢中になってしまいます。

ポークチャップ

ビーフカツレツがとにかく柔らかいのが特徴だとすると、とにかく厚くてボリュームがあるのがポークチャップの特徴です。
グローブ型の大きな豚肉を使って、分厚く食べ応えのあるポークチャップを堪能できます。
味付けはにんにくの風味がよく効いたケチャップソースで、肉厚で脂たっぷりのボリュームある肉によく合い、食欲をそそります。
火の通りも豚肉に必要なギリギリの調理で抑えてあるので、大きく厚い肉でも食べやすくなっています。

クリームコロッケ

衣ギリギリまでクリームが詰まったクリームコロッケは、クリームのたっぷりとしたボリューム感で充実した仕上がりになっています。
クリームの中には適度に小エビが入っており、クリームの柔らかい感触と、プリプリとした小エビの感触のハーモニーを楽しむことができます。

エビフライ

新鮮なエビを使っているエビフライは、身のみずみずしさの中にしっかりとした旨みが乗っています。
酸味を抑えて卵の風味を強くした自家製のタルタルソースは、エビ本来の味を邪魔しないほど良いアクセントに仕上がっています。

アクセス

洋食の朝日
TEL:078-341-5117
※予約不可
住所:兵庫県神戸市中央区下山手通8-7-7
JR神戸駅北口から徒歩10分
阪急電鉄神戸高速線「花隈駅」西口、「西元町駅」から徒歩3~4分
神戸市営地下鉄「大倉山駅」東口より徒歩8分
営業時間:11:00~15:00
定休日 :土曜日、日曜日
※祝日は営業

まとめ

神戸にある洋食の朝日は、手頃な値段でボリュームたっぷりの洋食を楽しむことができる洋食屋です。
平日の昼という限定した時間帯だけの営業ですが、味、ボリューム、サービスの3つが高いレベルにまとまっているので、一度は足を運ぶ価値があります。