洋食のマナーについて

洋食を食べる際は、ナイフやフォークの使い方をはじめとしたマナーがあります。
特に記念日やコース料理など、大事な食事の際にはきちんとしたマナーがとても重要です。
ここでは、洋食を食べる際の押さえておきたいマナーについてご紹介します。

椅子に腰掛けるとき

最初に椅子に腰掛ける際に、姿勢が見苦しくないように注意する必要があります。椅子には深くしっかりと腰掛けて、背筋はきちんと伸ばします。
また、椅子とテーブルの間の距離が空き過ぎないように注意します。距離が空き過ぎていると、食べる際に姿勢が猫背になってしまうからです。
また、バッグなどの荷物を持っている場合は、バッグは腰の左脇の位置に置いておくようにします。

ナイフとフォーク

ナイフは右手で、フォークは左手で持ちます。それぞれ刃の付け根の部分を、人差し指を添えて持ちます。
コース料理などでは、複数のナイフとフォークがあらかじめテーブルに用意されている場合があります。それらは、外側に用意されたものから順番に使います。
ナイフやフォークを誤って落としてしまった場合は、自分で拾うことはマナー違反にあたります。
フォークに料理を指した際は、一口で食べきるのがマナーです。フォークに刺したまま食べ続けるのはマナー違反になります。
そのほか、ナイフとフォークを振り回したり、舐めたり、先端を上に向けたりすることはマナー違反になります。

食事中のサインと食べ終えたサイン

食事中であることを示すサインと、食べ終えたことを示すサインがあります。
この2つを覚えておくと、食事の途中でお皿を下げられたり、なかなかお皿を下げてもらえないといったトラブルを防ぐことができ、振る舞いもスマートになります。
食事の途中でナイフとフォークをテーブルに置く際は、八の字の形にして置きます。これがまだ食事中であることを示すサインとなります。
料理を食べ終えたら、その料理に使ったナイフとフォークを2本とも揃えて置きます。時計で5時くらいの位置に置くのが一般的です。

ナプキンについて

ナプキンは、指や口元を拭ったり、魚の骨を口から出す際などに用います。
ナプキンを広げるタイミングについてですが、食事が運ばれる前にはひざに広げておきます。注文が終わったくらいがちょうどよいタイミングになります。
2つ折りにしたら、輪になる部分を手前にしてひざの上に置きます。輪になる部分の端で口元を拭います。汚れた部分が内側にきて見えなくなるように使います。
ナプキンが用意されている場合は、自分のハンカチやティッシュなどを使うことは、ナプキンが汚くて使えないというサインになるので、マナー違反になります。
ナプキンについては、丸めたりぐちゃぐちゃにしたり、おしぼりのように使ったり、食器やグラスを拭いたりなどがマナー違反になります。
食事の途中で席をたつ場合は、ナプキンを軽くたたんで座っていた椅子の上に置きます。食事を終えて店を出るときは、 ナプキンをテーブルの上に置きます。
この際、ナプキンを綺麗にたたみすぎることは、料理が不満でナプキンを必要としなかったことを示すものなので注意します。

まとめ

洋食を食べる際の押さえておきたいマナーについてご紹介しました。
椅子の座り方、フォークとナイフの使い方、ナプキンの使い方などは、知っておくだけでずいぶんと違うスマートなものになります。
洋食のマナーについて知っておくことで、いざというときの重要な食事の場で役立てることができます。