かぼちゃのサラダ

材料(3人前)
・かぼちゃ:1/2カット
・マヨネーズ:大さじ3
・コンソメ:小さじ1
・ケチャップ:小さじ1
・アーモンド:5~10粒
・塩コショウ:適量

1.かぼちゃは種を取り、小さく切ってレンジで5分加熱します。
※かぼちゃの皮が苦手な方は取り除いてください。
2.かぼちゃが柔らかくなったら、一度粗熱を取ります。
3.その間、アーモンドをボウルに入れ、つぶします。
※フードプロセッサーで細かくしてもOKです。
4.粗熱を取ったかぼちゃをつぶし、裏ごしをします。
5.うらごしをしたかぼちゃに調味料を入れよく混ぜます。
6.最後にアーモンドを入れ、さっとかき混ぜ、塩コショウで味を調えてできあがりです。

こちらの簡単なサラダは、よくデパートの地下でも売られているお惣菜ですね。かぼちゃはナッツとの相性が最高なので、今回はアーモンドを使用してみました。もちろんこれは、クルミやミックスナッツを好きに組み合わせたものでもOKです。自分の好きなものを入れてみて下さい。

またホクホクとした食感を楽しみたい方は、裏ごしをせず、つぶしたままいただいても良いです。そうすると、よりかぼちゃ本来のおいしさを楽しめるのでぜひ試してみて下さいね。裏ごしをするとなめらかな食感になり、とってもやわらかな口当たりになります。これもお好みに合わせてアレンジしてみて下さいね。

このメニューはサツマイモやジャガイモでもアレンジできます。いも系のほくほくしたお野菜ならどんなものでも合う上に、ミックスしてもおいしいんです。その時期の旬のお野菜でぜひ一度作ってみて下さいね。

ウィンナーとポテトのドイツ風炒め

材料(3人前)

・ウィンナー:6本
※ソーセージでもOK
・じゃがいも:中3個
・塩コショウ:少々
・オリーブオイル:大さじ1
・(トッピング)粉チーズ:好きなだけ

1.ウィンナーは大きめに切ります。
2.じゃがいもは洗って皮をむき、角切りにします。
3.フライパンにオリーブオイルをしっかり熱し、じゃがいもを炒めます。
4.強火でしっかり火が通るまで、手を休まずに動かしながらいためます。
5.竹串がすっと入るくらい火が通ったら、中火にします。
6.ウィンナーを入れ、しっかりと炒めます。
7.焼き色がついてきたら、塩コショウをたっぷりと振りかけます。
8.その後1分ほどいため、粉チーズを振りかけて、できあがりです。

ドイツといえばジャーマンポテトですね。でもこちらのメニューはそれをさらに家庭的にしたもの。塩コショウを使っていますが、クレイジーソルトなどお好きな調味料を使ってOKです。ドイツの家庭によっては卵を入れる場所もあるそうです。その場合は最後に炒める前に、割り入れて、具材にしっかりからめてあげて下さいね。

玉ねぎなど野菜を入れて、塩コショウの簡単な野菜炒めにするのもオススメです。シンプルながらやっぱりおいしいメニューなので、パーティなどでも喜ばれるはず。お酒にもあうので、とってもオススメです。

トッピングには粉チーズを使っていますが、バジルやパセリなどでも良いですね。彩りをよくするためにパプリカパウダーをかけてみるのも良いかもしれません。ぜひ自分の好きな方法で、楽しみながら作ってみて下さいね。

まとめ

洋食の良いところは、そこまで手間をかけなくとも、素材のおいしさを引き出す調理法を施せばとってもおいしくなることです。なかなか時間がなかったり、料理が苦手なあなたでも、きっと誰かを喜ばせられるおいしい料理が作れるはず。またこちらのメニューは定番なので、パーティやイベントの時にも重宝する料理です。ぜひ一度、気軽な気持ちで作ってみて下さいね。