フルコースの順番と意味について

洋食のフルコースで出される料理には、順番と意味があります。ここではフルコースの一連の順番と出されるものの意味についてご紹介します。

1 前菜

フルコースは最初は前菜から始まります。前菜の意味は、これから始まるフルコースの料理について食べる人の食欲を駆り立てることにあります。
そのために、一般に量は少なめで、食欲を刺激するために鮮やかな色の前菜が多く用いられます。
味付けについては、胃を刺激するために塩味や酸味を効かせたものがよく使われます。

2 サラダ

肉料理の前にあらかじめサラダを食べておくことで、血液を活性化して量の多いフルコースを全て消化する手助けをする作用があります。
逆に、口直しとして肉料理や魚料理の後に出る場合も多いです。

3 スープ

食べ物よりも飲み物のほうが口にしやすいため、本格的な食事の前にスープが出されます。
スープは温かい物や冷たい物など、季節や時期によって適したものが提供されます。

4 パン

パンの意味は、スープの味を一旦リセットすることです。
スープによって活性化された食欲だけを保持し、口の中に広がったスープの感触をパンによってリセットします。
柔らかいパンと固いパンの二種類が出される場合が多いです。

5 魚料理

本格的な食事としては、肉料理の前に魚料理が出されるのが一般的です。その意味は、魚料理のほうがさっぱりしていることが多く、消化しやすいためです。
コースの性質によってあえて重めに仕上げる場合もありますが、軽くソテーしてソースをかけたものなど、食べやすいものが多くなっています。

6 ソルベ

魚料理の後は、ソルベという口直しのための軽いデザートが出されます。
口直しという意味から、小さめのシャーベットなどの冷たいデザートがよく用いられます。
糖分が多すぎると満腹になってしまうため、甘さが控えめのものが多いです。

7 肉料理

いわゆるメインとしての役割を多く務めるのが肉料理です。
牛や豚、鶏など様々な食材が用いられ、調理方法も念入りに下拵えした後のソテーや濃厚なクリームなど、多種多様です。

8 チーズ

肉料理の後のチーズの意味は、フルコースの終盤に向けて口の中の雰囲気を変えるためです。
チーズの出され方は様々で、皿に盛りつけられたものやスタッフが取り分けてくれるものなどがあります。

9 デザート

チーズの後に、本格的なデザートが出されます。
口直しのためのソルベと違い、ここでのデザートは純粋に甘味を楽しむためのものです。
デザートはまず軽いフルーツから始まって、アイスやケーキ、最後に重みのある焼き菓子の順番で出ることが一般的です。

10 コーヒー

デザートの後は食後のコーヒーです。ここでのコーヒーの意味は、カフェインによるリラックス効果と、コーヒーの成分に含まれる消化促進や脂肪の燃焼です。
コーヒーは通常のカップの半分の量で出されることが多いです。

11 プチフール

最後の締めとして、一口サイズくらいの小さなケーキなどの軽いお菓子が出される場合があります。
プチフールがなく、コーヒーで締めとなることもあります。

まとめ

フルコースの順番と意味についてご紹介しました。
フルコースの種類や順番は店やコースによって違いがありますが、ここで紹介したものが一つの基準となります。
フルコースについて知っておくことで、記念日や大事な日などに上手にフルコースを楽しむことができます。