枝豆のスープ

材料(3人分)
・冷凍枝豆:一袋(300g)
・豆乳:300ml
・おろしニンニク:小さじ1
・コンソメ:少々

1.枝豆は解凍する。レンジではなく流水での解凍がオススメ。
2.全ての豆をさやから外す。
3.ミキサーに枝豆・ニンニク・コンソメを入れ、豆乳の半量を入れて混ぜる。
4.しっかりと混ざったら、もう半量の豆乳を入れてさらに1分ほどかき混ぜる。
5.鍋にうつす。
6.弱火でかき混ぜながら、吹きこぼれないように熱する
7.煮立つ寸前で火を止めて、できあがり。

冷凍枝豆は安くとてもおいしいので重宝します。そのまま食べるのもおいしいのですが、今回はスープに使ってみました。レンジや茹でて解凍をしてしまうと、熱くてさやから取るのが難しくなってしまいます。そのためできれば、冷水解凍をすると良いですね。

もちろん冷凍枝豆ではなく、普通の枝豆でもOKです。茹でて使う場合は、さやから外す時に火傷をしないようお気を付け下さいね。今回は豆の味を濃くするために、一袋全てを使っていますが、もう少しあっさりとした味わいが良いという方は半量でもかまいません。お好みに合わせて、作ってみて下さいね。

最後にパセリを散らしたり、生クリームをかけてもおいしくなります。豆乳の方が相性はよいけれど、ない場合は牛乳でもOKです。ぜひ一度お召し上がりくださいませ。

キャロットスープ

材料(3人分)

・ニンジン:1本
・玉ねぎ:1玉
・おろしにんにく(チューブ):小さじ2
・オリーブオイル:大さじ2
・トマト缶:1缶
・牛乳:300ml
・コンソメ:小さじ1
・塩コショウ:少々

1.ニンジンは小さく切り、玉ねぎも薄切りにする。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、ニンニクを入れる。
3.ニンニクから香りがたったら、玉ねぎを入れる。
4.透き通る程度に火が通ったら、ニンジンもささっと入れる。
5.一度さっと炒めたら、トマト缶を入れる。
6.へらでつぶしながら炒め、ぐつぐつと沸騰して来たら火を止める。
7.粗熱を取るために、耐熱容器に入れる。
8.粗熱が取れたら、ミキサーに入れ撹拌する。
9.1分以上かき混ぜ、出来次第、また鍋に戻す。
10.牛乳とコンソメを入れ、混ぜながら沸騰寸前まで温める。
11.火を止め、塩コショウで味を調えて、できあがり。

ニンジンは体を温める効果があり、さらにビタミンCも豊富に含まれているので、冬はもちろんいつでも食べたい野菜です。けれど実は多いのがニンジン嫌いの方。私も恥ずかしながらあまり好んで食べる野菜ではないけれど、このスープなら、ニンジンの味が強く出てこず、とってもおいしいんですね。

牛乳の量を増やしてまろやかにするのも良いですし、コンソメではなくローリエで上品なスープを作ってみるのもオススメです。トマト缶はホールでもカットでも出来は変わりません。私の家族も大好きなこのレシピをぜひ一度、食べてみて下さいね。

まとめ

スープは具材を細かく切り、ミキサーで撹拌するだけでもできる、忙しい方にもピッタリな便利なメニューです。中でも今回紹介した2種類は、いつでも作れる簡単で絶品なスープなんです。私も何度か作っているので、ぜひ一度、お試しくださいませ。