フォーマルな洋食の席に着いたとき、必ず置かれているナプキンですが、正しく使えていますか?
食事の食べ方やカトラリーの使い方以外にも、ナプキンにもきちんと使い方や意味合いがあります。
たかがナプキンと思わず、スマートに使いこなして食事を楽しみましょう。

ナプキンを膝に置くタイミングと使い方

ナプキンをいつ手に取ったらいいか分からない人は、難しく考える必要は特別ありません。
座席についたタイミングで手に取って膝にかけてしまって問題ではありません。
一番いいタイミングは、最初のドリンクのオーダーを終えたくらいが最適です。
目上の人との会食の場合は、その方がナプキンを手に取る頃に自分も膝にかけましょう。
逆に一番悪いタイミングは、スタッフが料理を運んできて「ナプキンを取ってください」と促されてから準備をすることです。
ドリンクや料理が運ばれて来るまで少しゆとりがありますので、テーブルの様子を見つつさっと取っておきましょう。
ナプキンは二つ折りにし、折り目を手前にして膝にかけます。
ただ、ナプキンの端が手前の方が口元の汚れを拭きやすいので、逆にしても問題ではないです。

ナプキンは汚してもOKな布

もちろん溢したりしないに越したことはないですが、そもそもナプキンとは汚してもいいものです。
二つ折りにしたナプキンの内側で口元を拭って、傍から見たときに汚れが目立たない様にどんどん使って構いません。
フィンガーボールを使ってあとも、ナプキンで拭いましょう。
ただし化粧をしている女性は、口紅をべったり拭いてはいけませんし、男性も顔全体を拭いたりしないようにしてください。

ナプキンを首に巻くのは子供だけ?

フォーマルな席でナプキンを首に巻くのはご法度です。
主にこれは子供に対して行われることなので、大人の方はきちんと膝に置いておきましょう。

中座する時にも役立つナプキン

食事の途中で席を立つ人は、ナプキンをテーブルに置いてしまわないように注意です。
汚れたナプキンをテーブルに置くと、周りの人も不快になってしまいます。
軽く畳んで椅子の上においておけば「まだ食事の途中です」というサインになりますので、役立ててみて下さい。

ナプキンを落としてしまったら

カトラリーを落としたときもそうですが、フォーマルな席で自分で拾ってしまうのはよくありません。
お店のスタッフに目を合わせて、軽く手を上げればすぐに来てもらえるので、新しいナプキンを貰いましょう。

マナー違反な使い方も覚えておこう

ファミレスなどでは持参する人が多いですが、ナプキンの用意された場で自前のティッシュやハンカチを使用することは、お店に対して失礼な態度にあたります。
持ってきたティッシュをテーブルの上に置いて用意するなんてことは無いようにしましょう。
また、食事が終わった後、お店に対する親切心からナプキンを綺麗に畳んでしまう人が居ますが、これもいけません。
綺麗に畳む行為は「美味しくない料理だった」という意味を持つので、「ナプキンを畳むことも忘れるほど料理を楽しんだ」という意味として、軽くくしゃっとさせたまま置いておきます。
中座の時と違っておく場所は特に決まっていませんので、手近なところに置いて帰りましょう。

自分の近くの席の人がナプキンを落としていたら

落ちていることを指摘すると、相手に恥をかかせてしまうので、気づかないふりをするのがマナーです。
大抵の場合お店のスタッフが巡回していて、すぐに気づいてくれるものなので、それまで待つか、中座を装ってそっとお店の人に新しいナプキンを届けてもらいましょう。