洋食は、西洋料理が原型となった、日本独自の食文化です。日常使いできるカジュアルな食事である一方、西洋料理をベースにしていることからも、最低限のマナーがあります。洋食は身近なた食事であるが故に、マナーを忘れがちです。ここでは、洋食のマナーについてを紹介しようと思います。

席に座った時の洋食のマナー

洋食は、店鋪に入った時からマナーがあります。勝手に、自分の好きな席に座るのではなく、必ずスタッフの案内に従って着席するようにしましょう。バッグを持っていた場合は、イスへ腰掛ける際には左脇に置くようにするとキレイです。

できるだけ椅子には深く腰掛けるにし、背筋がキレイに伸びるような姿勢で座ることが良いとされます。バッグに関しては、店鋪によって入れ物を用意してくれるので、その指示に従うとスマートです。席に座ると、テーブルの上にはナプキンが設置されています。

ナプキンは、汚れを防止するためや、口元をふくために存在しています。決して、テーブルをふくためにあるわけではないので注意してください。

ナプキンを広げるタイミングですが、料理が来る前であればいつでも構いませんので、こだわる必要性はないでしょう。仮に、お手洗いなどで立ち上がる場合、ナプキンは椅子の上に軽く畳んでおくのがマナーです。食事が終了した場合は、たたまずに軽くクシャっとさせてテーブルの上に置いておきましょう。

スープやカトラリーのマナー

洋食のフルコースでは、スープが提供されます。スープは、スープ用のスプーンが存在しているので、そちらを利用してに見ましょう。スープをすくう場合は、手前から奥に向かって音を立てずに飲むことがマナーとされています。

仮に、パイなどを軽く潰すタイプのスープであった場合は、左手でしっかりと入れ物を支え、上から軽くスプーンで壊していくような食べ方が美しいといえます。カトラリーのマナーは、食事が途中の場合はハの字にしてフォークは上向きにしておきます。

上向きにしていることで、食事中ということをアピールできます。食事が終わった時は、フォークやナイフは下向きにしており、並べて右橋へ置いておくことがマナーとされています。このマナーを覚えておくことで、スタッフなどに声を掛けることがなく、洋食の時間を楽しむことが可能です。

魚料理や肉料理のマナー

洋食のフルコースでは、魚料理と肉料理は提供されます。まず、洋食における魚料理のマナーは、フォークを使用して中心の骨を支え、ナイフで寄せるようにとっていきます。骨のある魚は、骨部分をフォークでしっかりと抑え、下身もナイフでとっていきます。残った骨部分は、お皿の空いた端部分に寄せておくことがマナーとなります。

ソースがかかっている魚料理の場合は、スプーンに身とソースを乗せて食べましょう。肉料理の場合、左端部分からフォークで肉を抑え、ナイフで切っていきます。

洋食の肉料理のマナーとして、予め全て切ってしまうのではなく、肉汁が出てしまわぬように、都度ナイフで切っていく食べ方がマナーとされています。骨付き肉の場合は、手で持って食べてよいことになっています。これら、洋食の基本のマナーを守りながら、美味しく洋食をいただきましょう。