洋食店に訪れて、女性に良いところを見せたいと思っている男性は少なくはありません。しかしながら、大切なのは自分の自慢話しをその女性の前するのではなく、洋食店での正しいマナーをさらりとやってのけるといった、そういった姿です。

洋食店で最も素敵に自分を演出できる方法はマナーを守ることといわれています。今回、ここでは洋食店で自らを素敵に見せることができるマナーの方法を紹介していきます。

洋食店で腕時計を外すというマナー

会社などが周辺に多く、ランチの際にお客さまが多く来られる洋食店の場合、時計は大切ですので店内に置いてあります。格式が高く、または料理を楽しんでほしいと思っている洋食店の場合は時計を置いていない場合があります。

時間を楽しんでほしいという意味が込められた配慮であり、その時に腕時計をチラチラ眺めたり、携帯電話を眺めて時間を確認することは、ややマナー違反となるので注意です。

仮に、女性とのデートで洋食店を訪れた場合ですが、これらの行為をすることはマナー違反となるだけではなく、相手に不快感を与えてしまいます。一目置かれるマナーの方法としては、腕時計を外したり、携帯電話はカバンの中にしまってしまうという行為です。お店にとっても喜ばれますし、相手にもスマートな男性と思われます。

忙しいランチタイムであれば致し方ないですが、大切な人とのディナーの際にはあまり時計を気にしない方が、スマートなマナーといえるのではないでしょうか。

洋食店ではスタッフを頼るのがマナー

どんなにマナーを勉強していても、洋食店で起こることは予測はできません。未だに食べたことの無い料理が現れる可能性がありますし、何かに不備があったり、分からないことが急に起こってしまう可能性があります。

そういった時に、勝手に自分で対処してしまうことはマナー違反となるので、注意してください。自分で分からないことを勝手に処理してしまった場合、結果的に二度手間になることがあります。

洋食店で起こった事象については、全てスタッフを呼んで対処してもらうことが、お店側にとってもマナーとなっています。

逆に、自分で全て解決してしまった場合、お店側のメンツが潰されることにもなりますので、どれだけ小さなことでもスタッフを頼ってあげて、感謝の意をしめすことがスマートなマナーとされています。こういった細かな部分でも、素敵な男性が演出することができます。

洋食での表情のマナー

洋食でのマナーとしては、ナイフやフォークなどのカトラリーを正しく使うこともマナーのひとつといわれていますが、大切であるのは、店舗側への気遣いや他者への気遣い、そして同伴者への気遣いです。

そのため、自分がマナーで失敗してしまったとしても、焦ってやってしまったという顔つきになる必要はありません。笑顔で対処したり、スタッフを呼んで対処してもらうなど、焦ったり怒ったり、同席者を不安にするような態度や表情をとってはなりません。

逆に、同席者がそういった態度になってしまったら笑顔で落ち着いて対処できる男性は、とてもマナーが良く魅力的にも見えます。些細な部分と言われますが、こういったところのマナーを守れるとより魅力的な人物となります。