洋食を楽しまれるシーンは、人それぞれ違っており、そのそれぞれに最適なマナーが存在しています。

一人でランチを楽しむために、カジュアルな気持ちで訪れた時と夜に接待などで洋食店を訪れた場合などは守るべきマナーは少し変わってきますので注意が必要です。洋食店で夜のディナーを楽しまれる時、多いシチュエーションがデートです。

大人同士のデートに素敵な洋食店はピッタリですが、ある程度のマナーを守って食事をした方がデートを成功に導ける可能性があります。今回、ここでは洋食でのデートのマナーについてを紹介してきます。

洋食でのデートの荷物のマナー

洋食店を訪れている時には、あまり大きな荷物を持ち込まないことがマナーとされています。

もちろん、旅行中といったように大きなバッグを抱えて行かなければならない時は良いですが、それでも駅や周辺のロッカー、宿泊する予定のホテルなどに荷物は置いておき、そこからやってくることがマナーとされています。

高級な洋食店であれば、クロークが用意されていますが、そうでなかった場合は置き場に困ってしまったり、他のお客さまに迷惑がかかってしまうことがあります。女性の場合は、クラッチバッグくらいで男性は財布のみなど、ある程度の軽装であった方が良いとされているので注目してみてください。

洋食デートの席のマナー

洋食でデートを行う時には、どの席に座るかなどはとても重要なポイントとされているので、注意が必要となっていきます。基本的には、デートをする前は男性側がそのお店に予約を入れるのがマナーとされていますが、その時におすすめの席であることを確認しておく方が良いでしょう。

デートだから良い席で食事をしたいということは、洋食店においてもマナー違反とはならないので安心してください。また、窓際の席が良いということだけでなく、洋食店には店によっての良い席があるのです。

そのため、洋食店に良い席を用意してもらった後に、席を移動させるというのは、ややマナー違反にもあたるので注意が必要となります。また、席の場合は左側から着席していくということがマナーとなっているので覚えておきましょう。そして、先に座らせるのはゲストの方です。

仮に、男性がホストであった場合は、男性が先に座ってしまうのはマナー違反です。こういった小さな部分で洋食のマナーを覚えておくことができるだけで、株が上がるので覚えておきましょう。

洋食デートでの食べ方のマナー

洋食で大切な人と食事をする時には、ついつい舞い上がってしまって、テーブルマナーを忘れてしまう可能性があります。そういったことにならないように、洋食におけるテーブルマナーをしっかりと頭に入れておきましょう。

まず、食べ方ですが、ゲストが全て先に口をつけるということをした方が良いでしょう。食事であったり、飲み物などに口をつけるのは、どうぞと一言いって相手の反応を見てください。

とくに、男性が女性側にレディーファーストの体制をとっていることが、最高のマナーとなるので、洋食店の人間においても一目置かれることでしょう。基本的には、洋食デートの基本は、女性優先ということが洋食においてはマナーとされています。