洋食は、普段私たちが慣れ親しんでいるような、和食やファストフードなどと違って、守らなければならないマナーが沢山用意されています。

もちろん、それぞれに覚えるのは大変ではありますが、楽しく美味しく洋食を食べ進めて行くのであれば、それらをしっかりと守っているだけでも、その後の料理の美味しさが大きく違って行くので、洋食の基本的なマナーを知っておくことはとても大切といわれています。

しかしながら、ナイフやフォークの使い方だけを覚えるのに精一杯で、案外見過ごしてしまうような、マナー違反があったりします。今回、ここでは洋食の思わぬマナー違反についてを紹介してきます。

洋食のグラスの使い方のマナー

日本人は、目上の人であったり、目下の人であったとしても、お酒を注がれる時はお辞儀をしながら、グラスに両手を添えて持ち上げるという風習があります。逆に、そにままグラスを持たずに見ているだけだと、とても横柄な態度にもうつりますし、マナー違反とされてしまうことがあります。

ただし、洋食の場合には全くその逆となっています。例えば、水やワインを注いでもらうとか、ビールを注いでもらうなど、こういった状況の時にはそのままで無ければなりません。

また、グラスが空っぽになった時なども、自分でどんどん注いでしまうことはNGとされているので、絶対的に注意が必要となります。また、目上の人に空いているからといって、どんどんワインなどを注ぐのもマナー違反とされています。

目上の人から、飲むことを告げられてから、了承して注いでもらうといのがマナーとされているので、注意してください。

洋食のパンカスなどの処理のマナー

洋食では、パン皿の上に小さなパンが用意されることが多くあります。焼きたてのパンであっても、そうでないパンであっても、手で少しづつちぎってたべることがマナーとされています。

ナイフとフォークで、何でも食べなければならないと思っている方もいますが、パンをこれらのカトラリーを使って食べることは、マナー違反とされているので注意してください。

また、パンのなかには、カスが沢山出てしまうようなものも存在しています。ですが、そのカスは自らがナプキンを使ってふいたり、お手拭きを使って片付けるのは、マナー違反とされています。パンから出てしまったカスは、そのままにしておくか、床に落としてもマナー違反にならないので覚えておきましょう。

洋食におけるカップの持ち方のマナー

洋食では、カップでスープであったり、さまざまな飲み物などが提供されます。それは、スープ用のスプーンが存在しているので、それらを使って飲んだり、スプーンですくえない量であれば、直接飲んでしまってもマナー違反のならなので安心してください。

ただ、ここで注意したいのが、両手でカップを持ってしまうことです。両手の方が、行儀が良いというイメージがあるのが日本人なのですが、これは飲み物がぬるく、理想的ではないというメッセージ性を持っているため、本当で無い限りは洋食店側にとっては、マナー違反として良い気分をもたれないと言われているので注意が必要となっています。

カップには、大抵の場合は持ち手が存在しているので、そちらを持つことがポイントとなっています。