日本には、さまざまな食文化があります。そのなかでも、日本古来からの食文化である和庄は人気を博しています。

ただし、比較的誕生したのは若いながらも、人気の食文化があります。それが、洋食です。洋食は、今や日本においてとても大切な食文化となっており、今後もその人気は続いて行くことでしょう。ここでは、洋食文化で知っておくべき、ナイフとフォークのマナーについてを紹介します。

洋食のおけるナイフのマナー

洋食店に行くと、テーブルの上には必ずナイフとフォークが置かれます。そして、それらを持つだけでも、洋食にはマナーがあるので注意が必要です。洋食の場合、ナイフは右手で持つことが一般的とされています。

そして、持ち方ですが、刃の付け根部分に人差し指を添えながら使うと美しく見えるので、挑戦してみてください。

仮に、非常に硬い肉を切る場合ですが、こういった場合には、人差し指を崩して持ってもマナー違反とはなりませんので安心してください。ただし、できれば、刃の付け根部分の人差し指を添えて、しっかりと切って行った方が美しく見えるので、その使い方を洋食のマナーとして身につけておくこもポイントとなっています。

洋食のフォークのマナー

洋食では、ナイフのほかにはフォークも多用することがあります。フォークの場合、右手で使った方が便利であると思っている方もいますが、マナーとしては基本は左手に持つことがマナーとされているので注意しましょう。

こちらの、刃の付け根部分に人差し指を添えて使うことが、マナーとなっているのでこれも覚えておきましょう。なぜ、ナイフやフォークに人差し指を使っているのかというと、これをした方が、結果的に力が入りやすいので切りやすくなるという効果があるのです。

また、安定感を維持するためにも、人差し指を付け根部分につけることは、効果的であるといわれています。その理由に、ナイフやフォークの柄の部分をしっかりと握りしめると、硬いものは切りやすいですが、安定感がなくなります。ズレてしまうと、食材があちこちに飛んでしまうので、これは良いマナーとして受け入れられることはありません。

そういった部分に注意することも、洋食のナイフやフォークの使い方のマナーでは、覚えておくと良いのではないでしょうか。また、強く切って皿などで大きな音を出してしまうのは、大変マナー違反とされているので、こちらは注意です。

洋食のナイフとフォークの順番

洋食店では、ナイフとフォークがあらかじめいくつか並べられています。そのため、どこからどう使うべきなのか、分からなく鳴ってしまっているような方も少なくは無いといわれているのです。

実は、ナイフとフォークは外側から使って行くことが、洋食店ではマナーとされているので覚えておきましょう。ただし、仮に順番通りに使えなかったとしても、それはマナー違反になるわけではなく、注意されることは無いので安心してください。

もし、使ってしまって足りなくなってしまったら、遠慮なくウェイターを呼んで追加してもらっても大丈夫です。あまり、かたくならず、楽しく美味しく洋食を食べるにようにマナーを心得ておくことが、大切となっていくのです。