洋食では、さまざまなマナーを守る必要があります。ご自宅で洋食を楽しまれるのであれば、さほど難しいマナーを意識する必要性はありませんが、ある程度、高級店といわれているような洋食店やコースを頼まれた時は、最低限のマナーだけは知っておくことをおすすめします。

今回、洋食のマナーを楽しむための、服装などについてを紹介します。洋食のマナーの服装についてを確認していきましょう。

洋食のマナーのドレスコード

洋食のマナーのなかには、ドレスコードというものがあります。実際、和食の高級割烹などに訪れた時には、ドレスコードは決まっていませんが、それなりに格式に合わせた服装を暗黙の了解で行います。

しかしながら、洋食などの格式が高い店鋪へ行くときには、ラフ過ぎる格好やそぐわない服装などはダメといわれています。TPOに合わせたスタイルをすることで、相手への敬意もあらわしていることとなるのです。

また、ポイントとしてはドレスコードに沿って服装を決めると良いといわれています。ドレスコードというのは、例えば、白色といわれていたら、服装のなかに必ず白色を取り入れるべきということになります。これらをあわせて行うことが大切となってくるので、しっかりと覚えておきましょう。

注意したい洋食のマナーの服装

洋食のコースを楽しまれる時間というのは、人それぞれ違ってくると思います。そのために、昼間であったり、夜であったり、食事を行うタイミングはそれぞれに違ってくることは間違いありません。

ただし、ここで注意しなければならないのが、昼間での洋食のコースの場合は、あまり肌を露出するような服装で訪れないということです。西洋のマナーでは、パーティーシーンなどにとって昼間に肌を出すことは、マナー違反とされているので注意してください。

一方、夜間のコース料理などといった時には、あまり質素過ぎる暗めのドレスで来ることなどは、失礼とされてしまいます。あるていど、華やかな印象を持つドレスなどの服装を身にまとうことが、大切な要因であるといわれています。

また、マナー違反となるのは、あまりにもトレンドを追い求め過ぎてしまい、アバンギャルドなスタイルとなってしまうことです。洋食店などの雰囲気に合わせて、従業員だけではなく、他の客層も楽しめるような、バランスの取れた服装で訪れることが、洋食における服装のマナーといわれているので注意です。

洋食のマナーにおける男性の服装

洋食のコースに女性を誘う場合、男性が予約を取ったり、誘ったりと、ホストの役割を行うことがマナーとされています。

そのために、こういった男性の服装も洋食のマナーでは、しっかりと守っていく必要性があります。ただし、男性の場合は女性よりも色合いが明るいようなスーツやスタイルで来ない方が良いでしょう。

ゲストを引き立てるような、そういった服装が好まれるようです。また、ネクタイはやや明るめの色、カフスピン、ポケットチーフなどを揃えることは良いとされています。洋食のマナーの服装が決まれば、よりおしゃれな雰囲気に見えるでしょう。