洋食は、今や日本における大切な文化として取り扱われています。そんな洋食には、必ず、マナーが存在しています。

それは、洋食は西洋料理をベースとしており、洋食店に関しても西洋のレストランの形態を踏襲しているため、洋風の食事マナーがある程度、適用されているのです。

特に、男性がホストとなって女性を迎え入れることが多いのですが、ポイントとしては、女性がそういった場に呼ばれている時に品良くマナーを守れていることも大切であるといわれています。今回、ここでは洋食における女性のマナーを簡単に説明をしていきます。

洋食における女性のマナー

女性は、昼間の場合はあまり素肌を出したドレスなどでは来店せず、肌を見せないコーディネートでやってくることがマナーであるといわれています。また、注意しなければならないのが、夜の場合は少しだけ華やかなドレスで訪れても、マナー違反にはなりません。

やや華やかさをもった服装の方が、お店としても良い印象を与えられるとしています。女性の場合も男性も一緒ですが、食事中に足を組むなどの食べ方はマナー違反となるので注意してください。

日中、カジュアルなランチタイムであれば良いですが、できることであれば、スニーカーでの来店というのは避けた方が無難であるといわれています。できるだけ、ヒールで来店するのが、洋食における女性のマナーとなっています。

洋食の女性の食べ方のマナー

洋食では、女性の食べ方もマナーとして厳しくチェックされています。たとえば、ナイフとフォークですが、あまり強く押し付けたり、握りしめたり、それらを持ちながら喋っているなど、こういった使い方はマナー違反として扱われるので注意してください。

また、大声で喋るとか、笑い声を大きくしてしまうなど、こういった行為もマナー違反として捉えられてしまうので、絶対的な注意が必要となってきます。食べるスピードにも注意してください。

相手より、先にどんどん食べてしまい、相手の皿にはまだ多く食事が残っていながらも、それを無視してどんどん先に食べ終わってしまう場合は、マナー違反の対象とされてしまうことがあるので、必ず注意が必要となっていきます。

当然ながら、逆に非常に遅過ぎて、全く手をつけずにゆっくり食べるのは、マナー違反です。料理も、温かいものから、鮮度を大切にするものまでさまざまですので、できるだけ平均的な早さで食事を済ますことが前提とされています。

洋食における女性の会話

女性同士の場合、どうしても世間話しであったり、恋愛の話し、家庭の話しなどが多くなります。それはそれで、楽しい空間ではありますが、洋食店ではあまり品の無い話しをすることを良しとしていないので、会話の内容には注意しておくことが重要となっています。

例えば、料理の批評などはよろしくなく、マナー違反のひとつとして捉えられるので、絶対に注意が必要となります。美味しいと思って、それを口に出すポジティブな批評は良いですが、これが美味しくなかったなど、他のお客さまに聞こえるような音量で会話をすることは、マナー違反とされているので注意してください。

自分たちのテーブルだけではなく、さまざまなお客さまがいることを意識した、そういった取り組みが大切な洋食のマナーと心得ておきましょう。