洋食を楽しまれる方は多いでしょう。洋食を食べる時には、自由に楽しめば良いとされていますが、ある程度の最低限のマナーを守ることが前提となっています。

特に、日本人で大変であると言われているのが、箸ではなくナイフとフォークのマナーです。洋食では、必ずナイフとフォークを使用するシーンが訪れるために、これらをしっかりと使い分けることがマナーが良いとされているのです。ここでは、まずナイフとフォークの使い方の基本的な部分を確認していきます。

洋食のナイフとフォークのマナー

洋食を楽しまれる場合、ナイフとフォークのマナーをしっかりと守ることは前提とされています。しかし、普段からナイフとフォークで食事をする機会がない方の場合は、急にナイフとフォークを使用するとなると、混乱してしまい、取り乱してしまう可能性があります。

まず、落ち着いてナイフとフォークを使用する、基礎知識を手に入れておくことが大切となります。まず、ナイフとフォークですが、どちらの手で持つかも知っておくと良いでしょう。当たり前のように使っている方も多く、いざ洋食店などに知り合いと訪れた時に、なかなか聞くことができません。まず、左手がナイフとフォークとなっています。

そして、右手がナイフです。それを守っていれば、まずは大きなマナー違反とはなりません。ただし、ここで注意したいのが、切り終わった時の食べる時です。ナイフを右手に持っているため、食材を押さえるのは左手のフォークです。切り終わった後は、食事は左手のフォークで食べなければなりません。

ただし、洋食では無理矢理左手で食べる必要は無く、右手にフォークを持ち変えて食事を進めても問題はありません。ただ、その時に大きな音を立てて持ち替えたりすると、マナー違反となってしまうので注意が必要となります。

洋食の時のナイフとフォークのアプローチ

和食と違って、洋食のマナーでは大きな声でお愛想などということはありません。ナイフとフォークで、その食事の状態を現すことが一般的とされています。

例えば、食事の途中である時の場合は、八の字に皿にナイフとフォークを置いておくことが一般的です。

例えば、お手洗いであったり、突然の電話などで席を外さなければならない状況など、そういった時にはこの方法で皿の上に置いておくことが一般的とされています。また、フォークは下向きにしておくことが洋食のマナーです。

洋食の食事が終わった時のマナー

食べている途中のナイフとフォークの使用の仕方は、八の字にすることは理解できたと思います。では、食事が終わってしまった時のナイフとフォークの使用の仕方はどういったものでしょうか。

まず、皿のサイドにナイフとフォークを寄せておくことがポイントとなっています。そして、ナイフとフォークは自分の手前側をフォークにして、奥手側をナイフとして横向きに合わせて並べておくことがマナーとされています。

さらに、食べている途中であればフォークは上向きだったのですが、食べ終わった後の場合はフォークは下向きにすることが一般的とされています。これができるようになれば、洋食での食事の終わり方も問題無くマナー違反とはなりません。