比較的難しいといわれているフレンチや西洋の厳しいテーブルマナーに比べれば、日本の洋食店のマナーはさほど厳しいものではありません。

日本国内にはかなりの数の洋食店があるので、その全てが厳しいマナーで決められているということではありません。しかしながら、洋食の原点は西洋料理であるが故に、最低限のマナーを守って食事をすることが求められるので注意が必要です。

ナイフやフォークの持ち方、使い方だけではなく、さまざま部分においてマナーを守ることで、洋食がよい美味しく楽しめます。今回、洋食のマナーのなかでも比較的知られていない、間違えがちなマナーについてを紹介していきます。

洋食で提供されるサラダのマナー

洋食でディナーを楽しまれる時はもちろん、ランチでコースメニューを楽しまれる方は少なくはありません。洋食では、新鮮なサラダが提供されることが多いために、ボウルにたっぷりのサラダがやってきたり、洗練されたサラダが平皿で提供されることが多くあります。

洋食は、ナイフとフォークを必ず使用しなければならないと思われていますが、サラダに関してはあまりその部分を気にする必要はありません。

右手にフォークを持ち替えて、フォークだけで食べてもマナー違反とならないので安心してください。逆に、ナイフを使って食べるには食べにくく、お皿を傷つけてしまうこともあるので、逆にマナー違反となる可能性があるので注意しておく必要性があります。

仮に、ナイフを使用しないとどうしても食べにくいという場合は、自らの取り皿に乗せてからナイフで切り、おりたたんだりして口へと運ぶと良いでしょう。これであれば、マナー違反として認識されませんので安心して食事ができます。

洋食店の当日予約についてのマナー

洋食店は、店鋪が空いているのであれば、予約無しで来店してもマナー違反とはなりません。ただし、コース料理がメインの洋食店の場合などであった場合は、事前に予約をしてから訪れた方が賢い選択です。

コース料理の場合、必要な材料であったり、来客者の好き嫌いに合わせたメニュー選びなどを行っています。そのため、当日予約であったり、突然の来店をする場合はコース料理ではなく、アラカルトで食べたいということを伝えた方が、マナーとしては喜ばれます。

コース料理をしっかりと食べたいというのであれば、前日か数日前からちゃんと予約をしておくことが大切なマナーとされています。

洋食の調味料についてのマナー

カジュアルな店鋪やラーメン店、居酒屋などに来店した時に、調味料類がテーブルに設置してあることを確認したことがある方は少なくはありません。

それは、自分好みの味わいに整えても問題は無いという意思表示であり、それを使っても使わずとも、マナー違反とはなりません。しかしながら、格式のある程度高い洋食店の場合は、シェフの味がしっかりと決まっているために、調味料を設置していない店鋪が多く存在しています。

そのため、自分にとって塩味が弱いからといって、塩こしょうなどの調味料をもってこいといのは、大変失礼な行為にあたり、マナー違反とされてしまうので注意が必要です。ただし、給仕係がソースなどを忘れてしまった場合などは、調味料を頼むことはマナー違反にはあたらないので安心してください。