普段何気なく店頭でみかけて、なんとなく食べているお野菜たち、様々な種類があり、色も形も千差万別。もちろんその栄養や味、調理法もそれぞれです。最近では「野菜ソムリエ」なんていう民間資格も登場してきて、健康ブームからか野菜に注目が集まっています。それぞれの野菜に含まれた栄養素やそれに合った調理法を正しく理解して、野菜の恩恵を十分に味わいましょう!

ギネスに認定された!?世界一の栄養価を持つ「アボカド」

森のバターと呼ばれて美容やダイエットに良い食材として有名なアボカド。原産はメキシコと中央アメリカで、生命の源と呼ばれて珍重されていたようです。19世紀末にアメリカに持ちこまれ、栽培されるようになってから世界に知られるようになりました。
今では広く流通され、どこでも見かけるようになりました。店頭に並んでいるアボカド、ごろごろゴツゴツなちょっとグロテスクな見た目ですが、中身はとっても綺麗な緑色でクリーミーな食感。その虜となってしまうことでしょう。
今ではアボカド専門店やアボカドのレシピ本なども出回るほどの人気っぷり♪
脂肪分が高いというイメージがありますが、実はこの脂肪分、主の油はオメガ9(オレイン酸)やリノール酸、リノレン酸、という良質な油です。その他にも便秘解消に良い食物繊維、美肌に効果のあるビタミンEがたっぷりと含まれているアボカド、茹でたり炒めたりという工程なく生のまま食べられることも人気の秘密ですね。
そんなアボカドはエビと相性抜群。プリッとしたエビの食感ととろっとしたアボカドの組み合わせが特に女性に人気ですね。そんな相性抜群のエビ×アボカドのレシピをご紹介します。

エビとアボカドのサラダ

もう言わずとしれた定番中の定番のサラダをヨーグルトソースでヘルシーに♪

【材料】2人分
・エビ5尾
・アボカド1/2個
<ドレッシング>
・プレーンヨーグルト大さじ1
・マヨネーズ小さじ1
・粒マスタード小さじ1
・玉ネギ(みじん切り)1/6個分
・塩、黒コショウ適量

【作り方】
① エビは殻と背ワタを取り、塩水で洗って分量外の酒の入った熱湯でゆでる。ザルに上げて水気をきり、食べやすい大きさに切る。
② アボカドは皮と種を取り除き、食べやすい大きさに切る。
③ <ドレッシング>の材料をボウルに混ぜ合わせ、エビ、アボカドを加えて和える。

アボカドとエビのグラタン

【材料】
・アボカド2個
・エビ10~12尾
・塩少々
・マッシュルーム(缶)1缶(1缶70g入り)
・エノキ1袋
・白ワイン大さじ2
・塩コショウ少々
・サラダ油大さじ1
・バター(容器にぬる用)5g
<ソース>
・バター40g
・小麦粉大さじ4
・牛乳400ml
・白みそ大さじ2
・塩コショウ少々
・粉チーズ大さじ4
※オーブンを200℃に米津しておく。

【作り方】
① フライパンにサラダ油を強火で熱し、エビ、エノキを炒める。エビが赤くなればマッシュルームを加えて炒めあわせ、白ワイン、塩、コショウを加えて全体にからめる。ザルに上げて汁気を切っておく。
② <ソース>を作る。鍋にバターを中火にかけ、溶ければ小麦粉を加えて炒めあわせる。粉っぽさがなくなりフツフツと泡が立ってくれば、牛乳を一気に加え、泡立て器でしっかり混ぜ合わせる。
③ 少しトロミがついてくればみそを加え、更に泡立て器でよく混ぜ合わせる。
④ アボカドと1、3を加え混ぜ合わせ、耐熱容器に入れ、塩、コショウ、粉チーズを振りかけ、250℃のオーブンに入れ、美味しそうな焼き色がつくまで6~7分焼く。

アボカドを普段の食生活に取り入れて、ダイエット効果もねらっちゃいましょう!