美味しいものというのはたくさん食べたいですが、健康チェックに引っかかって塩分を控えるようにお医者さんに叱られてしまった人はそのことにも気を付けなければいけませんよね。
塩というのは体に必要不可欠なものですが、摂り過ぎれば心疾患や高血圧になる恐れがあります。
洋食におけるメインはもちろん、減塩に取り組むなら副菜も気にしたいところです。
どんな調味料が減塩に向いてるのか、逆に塩分の多い調味料は何なのかを考えてみませんか。

減塩に向いてるものとは

塩分を控えるためにはどうしたらいいのかということですが、生野菜だけをただ食べ続けるのは嫌ですよね。
日本人が調味料としてよく使う醤油ですが、減塩に取り組む人はとにかく避けたい調味料の一つです。
和食はもちろん、洋食の味を引き立てるのにも使われ、塩分の摂り過ぎの影にはこの醤油がよく存在しています。
そこで、ただ塩味の効いたものを食べるのではなく、以下のような工夫を行いましょう。

①野菜などは買ってすぐに食べるというのも減塩には効果的です。
古くなった食材を食べようとする時、濃い味付けなどでカバーしてしまうことがあるからです。
血圧を下げてくれるカリウムを含む食材も減塩に役立ちます。
②食材を選ぶ基準として、旨味のあるものがよいです。
かつぶしやえびなどの旨味成分を持つものを使うことで、食べたときの満足感を増やすことができます。
③香辛料を活用する。
絡みのある一味とうがらし、カレー粉、しょうがなどを使うことで、物足りなさを軽減することができます。
④レモンやお酢を活用しましょう。
香辛料と似たように、塩分の物足りなさを減らしてくれる効果が期待できます。
⑤意外にも醤油に比べれば塩分が低いマヨネーズやケチャップ、ソース、ドレッシングなども効果的です。
醤油を別のもに置き換えることがポイントになります。

塩分が多い食材と調味料

逆にどのようなものに塩分は多く含まれているかということですが、しょうゆ、味噌、つけもの、加工食品などは要注意です。
特に汁物などは、味付けのために炒め物より多く調味料が投入されるので、飲み過ぎはいけません。
具を多くして器に注ぐ汁を減らしたり、飲み切らずに残すくらいが丁度いいです。

減塩の落とし穴

減塩を始めると陥りやすいのが、食べ過ぎ、減塩調味料のつけすぎです。
薄味からくるもの足りなさのために、減塩用に使ったソースやケチャップの量を増やしてしまっては意味がありません。
調味料を使う際はきちんと計量し、それ以上足さないことが大切です。

減塩を応援するタコとアボカドサラダの紹介

これまでの減塩のコツを抑えてた上で、洋食の副菜としておすすめしたいのがタコとアボカドのサラダです。
タコの足とアボカドを一口サイズにカットします。
別に小さいボウルを用意し、酢小2、砂糖1/2、レモン汁少々、オリーブオイル小2を加えて混ぜ、タコとアボカドに合わせるだけです。
タコにはタウリンが含まれ、血圧を調整する効果が期待されていますし、アボカドにもカリウムが含まれているので高血圧対策にはもってこいです。
どうしても塩気に物足りなさを感じた場合は、塩一つまみ加える程度に抑えておきましょう。