空前のタイ料理ブームともいえるほど、タイ料理屋さんが立ち並び、パクチーやナンプラーなど、タイ料理ならではの食材も簡単に店頭で手に入るようになりましたね。グリーンカレーやトムヤムクン、後をひくスパイシーさと奥の深いまろやかな風味が融合したタイ料理、やみつきになる人も少なくありません。スパイシーなものが好きな人にはもちろん、野菜をたっぷりと使ったタイ料理は野菜がたっぷりと食べられることで女性からの指示も集めています。全国各地で食べられるタイ料理ですが、難しそう…というイメージからタイ料理を自宅で手作りする人は少ないのではないでしょうか?実は材料さえそろえれば簡単に作れてしまうタイ料理。自宅でタイ料理なんてちょっとお洒落ですよね。
今回ご紹介するのは、ちょっとだけ手間はかかるけど本格的なタイ料理の味を楽しめるタイの代表的なサラダのレシピです。

ヤムウンセン

タイでよく食べられるタイを代表するサラダです。ヤムは「和える」、ウンセンは「春雨」という意味。野菜とエビ、様々な食材がたっぷりのちょっと酸味のきいたこの春雨サラダ、出来立てはほんのりと温かく、優しい味わいです。
材料は意外にも簡単に手に入るものが多いので、少し手間はかかりますが、是非この味わい、自宅で味わってみてくださいね。

【材料】
・むきエビ 4尾
・いか(ひらいたもの)1/2ぱい
・豚もも肉 30g ※あれば塊肉を5mm厚さに切る。
・にんじん 20g
・アーリーレッド 1/4個
・干しエビ 15g
・きくらげ(乾燥)10g
・生赤唐辛子(ピッキーヌ) 1~2本 ※なければ乾燥唐辛子で代用可能ですが、手に入る場合は是非使ってみてくださいね!本格的な味わいに。
(A)
・パクチー(ざく切り)3本分
・青ネギ(1.5cm)2本分
・ホワイトセロリ(ざく切り)4本分
(B)
・ナンプラー大さじ2 2/3
・ライムのしぼり汁 大さじ3
・グラニュー糖 小さじ3 1/2

・トッピング パクチー適宜

【作り方】
① 春雨と干しエビはそれぞれぬるま湯に30分ほど浸してもどし、春雨は熱湯で20秒茹でてざるにあげる。きくらげは冷水で戻して茹で、食べやすい大きさに切る。
② むきエビは背側に切り込みを入れ、背ワタを除く。イカは包丁を格子状に入れて飾り切りに。どちらもさっと塩ゆでする。
③ 豚もも肉は1cm角に切り、熱湯でさっとゆで、ざるにあげて水気をきる。
④ ニンジンは10cm長さの千切りにしてアーリーレッドは3mm幅に切り、生赤唐辛子は小口切りにする。
※下茹でした具材はそれぞれ水気をしっかりと切ってくださいね。和えても水っぽくならず、味がしっかりなじんで美味しいです。
⑤ ボウルに①②③を入れて手でほぐすように混ぜる。
※手で優しく和えると空気を含むので口当たりが優しく野菜もしんなりせず、シャキシャキ感を残したまま混ぜることが出来ます。
⑥ Bを合わせて良く混ぜ、⑤に加えて全体的に和えます。④の野菜とAを加えて野菜がしんなりしないように軽く混ぜる。
器に盛ってパクチーをのせて出来上がり。

いかがでしたでしょうか?そろえなければならない材料が多いため、一見大変そうですが、材料さえそろえてしまえばあとは和えるだけ。生あたたかい状態でいただくことが多いのですが、冷めても美味しいですよ。
是非、家庭で本格タイ料理味わってみてくださいね!