今では手に入らないものはないというほど、年間を通して様々な種類の野菜が店頭に出回っていますね。ただ、やはり旬の食材はとてもみずみずしくてフレッシュ。エネルギーがみなぎっていて美味しいものです。私たち日本人がもつ春・夏・秋・冬という四季。それぞれの魅力がある四つの季節を持つ国はそうそうありませんよね。せっかくなので、その季節にしか味わえない旬の食材を使って食卓で季節を感じてみませんか?

実は栄養も豊富な菜の花

まだまだ寒い日が続きますが、店頭にはもう春を感じる食材が並んでいますよね。中でも春の味覚の代表格として知られているのが「菜の花」。ちょうど今頃の冬から春にかけての時期に出回る食材です。ほろ苦い味わいが特徴的な菜の花、実はとても栄養価の高い優秀な緑黄色野菜なのです。

免疫力を高めて風邪予防するβカロチンや美肌に効果絶大なビタミンC、女性に嬉しい鉄分や葉酸、イライラを抑えてくれるカルシウムなど、菜の花にはたくさんの栄養素がバランスよく含まれているのです。

卵は春が旬?旬の食材二つを組み合わせて春を感じて♪

どんな家庭にも必ずある卵。いつでもどこでも手に入る卵ですが、そんな卵に旬があること、知っていた方は少ないのではないでしょうか?年中手に入る卵ですが、実は春が最も新鮮で美味しい季節と言われています。
そんな卵と菜の花は相性抜群。
今回はそんな旬の食材2つを使った春の洋風レシピをご紹介いたします。

オーブンオムレツ

彩りも豊かで目にも楽しいオーブンオムレツです。
サラダを添えて春のプレートに、サンドイッチに挟んでお花見に持っていってもよいですね!

[材料]13.5×20×3.5の型1台分
・玉ねぎ ¼個
・ズッキーニ ½本
・菜の花 1./2束
・カニの身 30g
・ニンニク 1片
・白ワイン 大さじ2
・塩 小さじ 1
・卵 5個
・牛乳 ¼カップ
・シュレッドチーズ 50g
・こしょう 少々
・オリーブ油 大さじ3

[作り方]
① 玉ねぎ、ズッキーニは薄切りに、菜の花はあらみじん切りにする。
② ニンニクは庖丁の背でつぶす。フライパンに油とニンニクを入れて弱火で熱し、ニンニクが色づき始めたら①を加えて炒める。玉ねぎが透明になったらカニ、白ワイン、塩を加えてざっと混ぜ合わせてひと煮立ちさせる。ニンニクは取り除きバットに移し、粗熱を取る。
③ ボウルに卵を割りほぐし、フォークや泡だて器でよく混ぜ合わせる。牛乳、チーズ、こしょう、②を加えてさらによく混ぜ合わせる。
④ 耐熱容器にオーブンシートを敷き、③を流しいれ、180℃に温めたオーブンで焼く25分焼く。

菜の花と卵のソテー

作り方は本当にシンプル!スクランブルした卵の黄色と菜の花の緑が鮮やかで食卓も菜の花畑のようですね!味付けもシンプルにして菜の花の味わいを楽しんでください。

[材料]2人分
・菜の花 1束
・卵 2個
・砂糖 小さじ1
・こしょう 少々
・粉末だし 小さじ1~2

[作り方]
① 菜の花は食べやすい大きさにカットする。卵は砂糖を加えて溶きほぐしておく。
② フライパンを温め、サラダ油をしき菜の花の茎を入れて炒める。
③ 半分くらい火が通ったら穂先も加えてだしをふりかけて炒める。
※炒めすぎないように注意!菜の花のしゃきしゃきとした歯ごたえも美味しさの秘訣です。

④ 菜の花が鮮やかな緑色になったら溶いた卵を回しいれ、一呼吸おいてから全体に大きくひと混ぜして卵              がしっとりとしたら火を止めてお皿に移す。
※卵を入れてすぐに混ぜるとぼそぼそした触感になってしまいます。一呼吸おいてからふわっと大きくかき混ぜてください。

春の柔らかな風が吹いてきそうな食卓、彩り豊かに楽しんでみてくださいね!