メイン料理は完璧!ごはんも炊けたし汁ものも作った、
だけど何かが足りない…
毎日何品も作るのは大変ですよね。
簡単で作り置きも出来、食卓に彩りを添えてくれる副菜のレシピをご紹介します。

定番の作り置き、週末作り置きレシピ
時間をかけて煮込むと格別!「ミートソース」のレシピ

便利な時代になったもので、今や変えないものはないというくらい、
近所のスーパーでさえ品揃え豊富になってきていますよね。
みんなが大好きな定番「ミートソース」も、店頭には様々なブランドがこぞって出しています。
パッケージも商品の唄い文句も美味しそう~。
私もついつい手が伸びてしまうのですが、たまには手作りして、
丁寧に作ったからこその極上の味わい、感じてみませんか?
素材の持ち味を引き出して、必ず美味しく出来るミートソースのレシピをご紹介いたします。

作り方はとっても簡単なので、是非挑戦してみてくださいね!

【材料】作りやすい分量
・ニンジン 1本
・セロリ 1本
・玉ねぎ 1個
・ニンニク 1片
・合いびき肉 400ℊ
・ホールトマト缶 1缶
・オリーブ油 大さじ3
・塩 小さじ2~3
・こしょう 適宜
・赤ワイン 1カップ
・ナツメグ 少々
・ローリエ 2枚
・コンソメスープのもと 1個
【作り方】
① ニンニクは包丁の背でつぶし、みじん切りにする。ニンジン、セロリ、玉ねぎもみじん切りにする。
※野菜は同じ大きさになるように細かく切りそろえてくださいね。
ムラなく火が通せてうまみをしっかり引き出せるうえに、口当たりもよくなり、より美味しく感じられます。
② 厚手の鍋に油とつぶしたニンニクを入れ、弱火で炒め、香りがたったら1で切った野菜を入れて中弱火にし、30分ほどじっくりと炒める。
※野菜の余分な水分を飛ばしてそれぞれの甘みと香りを引き出すように、多めの油でじっくりと炒めます。
これが美味しさのベースとなり、味に深みが生まれます。
③ ひき肉を加えて塩小さじ1、こしょうをふり、しっかりと油が出てぽろぽろになるまでひき肉をよく炒める。
④ 赤ワインを加えてひと煮たちさせ、アルコールを飛ばしたら、ホールトマトをざるなどで裏ごししながら加える。
※トマトはざるなどに入れ、へらで裏ごししながら加えてください。この人手間でなめらかな仕上がりになり、ひき肉と野菜の食感を引き立てることが出来ます。
⑤ ナツメグ、ローリエ、コンソメを加え、1時間半~2時間弱火でじっくり煮込む。
※スパイスを加えたら、焦がさないように1時間半~2時間じっくり煮込めば味が凝縮してコクが増します。
そのまま一度冷ますことで味がなじんでより美味しくなります。
⑥ 仕上げに味を見て、残りの塩、こしょうを加えて味を調える。

保存容器に入れてしっかり冷ましてから冷蔵庫で保管。
一週間は保存可能です。

時間はかかりますが、じっくりと煮込んだ分、味は格別です。
日々の献立はもちろん、お弁当のおかずからおつまみまで、アレンジの幅は無限大。
アレンジ次第で食べ飽きることなく、最後まで美味しく食べられます。
定番の「ミートソース」ですが、繰り返し作ることで自分の味、家庭の味に育てていけることも魅力の一つですね。
使う食材を旬のものに置き換えてみたり、お気に入りのスパイスやハーブを加えてみたり、
是非自分好みの「ミートソース」を作ってみてくださいね!