お友達や彼氏がお家に遊びにくる!
せっかくなのでちょっとお洒落なものを作っておもてなし。
お家カフェ気分を味わいたいものですよね。
気軽につまめて手間もかからず、見た目にも美味しいフォトジェニックなレシピで料理上手の肩書きを手に入れちゃいましょう。

ささっとできるのに豪華に見えちゃう!ホームパーティにもってこいのアレンジ自在な「生春巻き」

ちょっとお洒落なカフェに行くと、必ずと言ってもいいほどメニューの上の方に人気レシピとして君臨している「生春巻き」。思わず注文してしまう女子も多いのではないでしょうか。お洒落でかつ野菜もたっぷり入っていてサラダ感覚で頼める生春巻きは、お酒のおつまみとしても最適ですよね。
元々はベトナムが発祥のことは周知の事実。米粉で出来た「ライスペーパー」でエビ・豚肉・パクチーなどの具材を包み、チリソースをつけて食べるのが定番ですが、中身に入れるのはなんでも良し◎ 和・中・洋の具材、何を入れても美味しいです♪一見、作るのは難しそうにみえる生春巻きも、実はライスペーパーで具材を巻くだけ、コツをおさえれば簡単に作れてしまうこと、知っていましたか?
具材やタレ次第で和風から洋風、中華風までアレンジ自在な生春巻き、コツを知って自分で作ってしまいましょう。

ライスぺーパーから始まりライスペーパーで終わる、
なにはともあれ、ライスぺーパーの扱い方をマスターする!

最近スーパーでもよくみかけるようになってきたライスペーパー、これがなくては生春巻き作りは始まりません。
どうしても手に入らない場合…あきらめてサラダにしましょう…。
「大き目のボウルに湯をはり、ライスペーパーをまわすようにしながらさっとくぐらせる。」
たったこれだけなのですが、ここがキモ!
後で具材を巻きやすくするためには扱いやすいライスペーパーにすることが非常に大切なのです。
濡らしすぎるとライスペーパーがくっついて非常に巻き辛いので気を付けてくださいね。
何本か重ねて作っておいた時にくっついてしまうのが嫌な人はお湯に油(オリーブオイル推奨)を少量入れてみてください。滑りが良くなりますよ!
さて、適度にライスペーパーを濡らすことが出来たら、あとは具材を載せて巻いていくのですが、半透明の皮から透けて見える模様や色も美しいのが生春巻き。どうやったらキレイに見えるか、つねに巻き上がりの状態を想像しながら配置を考えましょう。最後に具材を置く部分が、一番きれいに見せたい表面になります。海老とグリーンを縞にしたり、いろいろ美しいデザインを考えてみるのもまた楽しいですね。
ここでは女性の好きなものを組み合わせた女子会に最適なレシピ、「エビとアボカド、クリームチーズの生春巻き」をご紹介しますね。
【材料】(3~4人分)
・ライスペーパー 4枚
・ボイル海老 8尾  ※横半分にスライス。
・ニラ 4本  ※ライスペーパーの大きさに合わせて切る。
・サニーレタス 2枚  ※食べやすい大きさにちぎる。
・アボカド 1/4個  ※皮をむき、種を取り、1cm角に切り、レモン汁をかける。
・レモン汁 小さじ1
・キリのポーションクリームチーズ 2個
・パクチー、ミント、バジルなどハーブ 適量

水にくぐらせたライスペーパーの真ん中より少し手前にレタス、ハーブ、アボカド、チーズを乗せてひと巻する。
野菜より少し奥に海老を乗せて、左右をたたむ。
海老の上にニラを乗せて最後まで巻く。
お好みでチリソースを付けて召し上がれ!

いかがでしたか?今回ご紹介したレシピ意外にもささみと水菜でゴマダレ等を付けて食べるしゃぶしゃぶ風生春巻き、
キムチや豚肉を入れて韓国風生春巻き、トマトとモッツァレラチーズでイタリアン風など、アレンジは無限大。
是非、自分のお気に入りの組み合わせを発見してみてくださいね