お友達や彼氏がお家に遊びにくる!
せっかくなのでちょっとお洒落なものを作っておもてなし◎
お家カフェ気分を味わいたいものですよね。
気軽につまめて手間もかからず、見た目にも美味しいフォトジェニックなレシピで料理上手の肩書きを手に入れちゃいましょう。

おかず?それともケーキ??フランス生まれの甘くないおかずケーキ「ケーク・サレ」

「ケーク・サレ」とはフランス料理の定番、塩味のきいた甘くないケーキです。キッシュのような感覚で食事の一部として食されることが多いこの「ケーク・サレ」、フランスではカフェのランチメニューとして人気だとか。ケーキというと身構えてしまう方も多いかもしれないですが、ケーク・サレは材料と具材を混ぜてオーブンに入れるだけ。たくさんのアレンジが出来て見た目にも豪華なのでシーンに合わせて色々と楽しんでみてくださいね。
まずは基本の作り方をマスターしましょう。

【材料】パウンドケーキ型1個分

・A 薄力粉 130g
・A ベーキングパウダー 5g
・A 粉チーズ 50g
・卵 2個
・牛乳 120cc
・オリーブ油 大さじ2
・玉ねぎ 1/4個
・パプリカ赤、黄 各1/2個
・鶏切り込み 100g
・ほうれん草 1把
・塩 小さじ1と1/2
・胡椒 少々

【作り方】
①パウンドケーキ型にバターを塗り、薄力粉を薄くはたいておく。オーブンを180度で予熱しておく。
②大きめのボウルにAを全て入れ、ぐるぐるとよく混ぜる。
※泡だて器で良いのでぐるぐると混ぜます。こうしておくと粉類をふるいにかけなくてもOK!
③卵、牛乳、オリーブ油を入れよく混ぜる。
④熱したフライパンにオリーブ油(分量外)を引き、鶏肉、スライスした玉ねぎの順番に入れ炒める。
スライスしたパプリカ、ざく切りしたほうれん草も入れさらに炒める。塩、胡椒で濃い目に味付けをする。
※少し濃いかな、というくらいの味付けにしておくと後で生地と混ぜたときに丁度よくなります。
⑤2のボウルに炒めた野菜を入れ、ゴムベラで混ぜる。
⑥型に流し込み、表面に黒胡椒を振る。
⑦180度のオーブンで30分加熱。

入れるお野菜は何でもOKですが、切ったときの切り口が見た目に楽しいケークサレ、トマトの赤×葉野菜の緑、ブラックオリーブなど、彩りを考えて試してみてくださいね。野菜の水分が多いとべちゃっとした食感になってしまうので、炒めたり、レンジで蒸すなど、水分をある程度抜くのを忘れずに。
作り方や材料などかなり自由なケークサレ。油は太白ごま油や菜種油、オリーブ油、ココナッツオイルなどお好みで。牛乳は豆乳に変えるとヘルシーですし、トマト缶やスープを入れるレシピも。チーズも好きなチーズを入れてコクを加えたり、その日の気分でアレンジできるのが楽しいですね♪

保存も可能!冷凍しておけば忙しい日の朝食やランチ、
洋食メニューの付け合わせにとシーンを選ばず大活躍!

ケークサレは、2・3日なら冷蔵保存が可能です。ラップに包んで保存袋に入れ、冷凍庫へ入れておけば2週間程度なら風味も落とさず美味しくいただけます。食べるときには自然解凍し、オーブントースターで焼くと、できたての味に。
見た目にもとっても楽しいケーク・サレなので、ピクニックに持っていったり、かわいくラッピングしてお友達にプレゼントも良いかもしれないですね♪