スーパーの調味料売り場に行くとないものはない、というくらい様々な味のドレッシングや調味料がずらっと並んでいますよね。
便利な時代になったものだな、と思う反面、原材料をみて入っている化学調味料のあまりの多さに驚かされることもしばしばです。
こうしたドレッシングや調味料、自分でも作れること知っていましたか?
自分で作れば安心でかつ、味の調節も自由自在、自分好みにアレンジ出来ちゃいます。
時間のあるときに作っておけば冷蔵庫で保存可能、いつでも好きなときにさっと取り出して使えるのでとっても便利です。
手作りの調味料でお料理上宇、目指してみませんか?

ごまレモン塩だれ

さわやかなレモンの香りとごまの香ばしさが香り高いたれです。焼肉やしゃぶしゃぶの漬け誰としても使えるほか、サラダのドレッシングとしても◎。マリネ液としても使えて、お酒に合う前菜までカバーできちゃいます。マリネ液として使う場合は酒か白ワインで少し伸ばしてから使用してくださいね!

【材料】作りやすい分量
・レモン汁 1個分
・ニンニク(すりおろす) 少々
・ごま油 大さじ1
・塩、粗びき黒コショウ 各小さじ2/3
・白すりごま 大さじ1 1/2

【作り方】
全ての材料をボウルに入れてよく混ぜ合わせる。

保存瓶に入れて焼く一週間ほど保存可能です。

トマトだれ

【材料】
・トマト 1個(大)
・麺つゆ 大さじ2
・酢大さじ1/2
・レモン汁大さじ1
・オリーブオイル 大さじ1/2
・にんにく 1片(すりおろす)
・粗挽きブラックペッパー少々
・ツナ缶 1缶 ※なくてもOKですが、あるとコクがありボリュームたっぷりのソースに!

【作り方】
① トマトは湯むきする。湯むきしたのち5mm角に切り水分を軽く絞り、容器に入れる。
② トマト意外の材料をいれて基本のトマトだれの完成!
※酸っぱいのが苦手な方は酸味のまろやかな酢を使うか酢またはレモンの量を調整してください。

野菜などにかける時は、にんにく、黒胡椒、ツナ缶などを入れると豪華なドレッシングになります。
ツナ缶をいれるときには油を搾ってくださいね!
お肉やお魚、冷ややっこなどにも合い、本当に万能なソースです。

オーロラソース

「サウザンアイランド」というドレッシングがありますよね。この由来は、カナダとアメリカの国境にあるオンタリオ湖から、セントローレンス川にかけて小さな島が1000点以上点在している「サウザンアイランド(千の島)」から来ています。ドレッシングにピクルスや玉ねぎなどの野菜が混ざっていてたくさんの具材が入っているところがこの「サウザンアイランド」に似ていることからうまれたこの「サウザンアイランドドレッシング」。実は具材がなくても十分美味しいソースなのです。かけるだけで一気にサウザンアイランド風に♪
野菜やお肉、そのままかけるだけでおつまみ風にもなり、とっても便利なソースです。

【材料】
・ケチャップ 大さじ3
・マヨネーズ 大さじ3
・ウスターソース 小さじ1
・レモン汁 小さじ1

【作り方】
全ての材料を混ぜるだけ!

ウスターソースを使用するのがミソ!味が引き締まります。
余裕があるときはぜひ、玉葱のみじん切り等の野菜を入れて本格ドレッシングにしてみてくださいね。

いかがでしたか?
いろいろなソースやたれをストックしておけばいつもの味に深みが生まれ、味のバリエーションも広がります。
今回ご紹介したものは火を使わない簡単なレシピなので気が付いたときにささっと作っておくとよいですね!