洋食の通信講座の種類

将来、洋食のお店を開いたり、洋食のプロとして講師活動をしたりするには、相応の知識が必要になります。

しかし、洋食の知識や技術は一朝一夕では身につきません。通信講座なら、計画的に学習を進めることができ、卒業後は資格の取得も可能になります。

洋食の通信講座を受講し、資格取得に向けて学習を進めたいと考えている方の中には、具体的にどのようなサービスが存在するのか把握できていない方も多いのではないでしょうか。

そこで当記事では、洋食の通信講座の種類について解説していきます。通信講座の受講を検討している方はご参考ください。

 

諒設計アーキテクトラーニング 洋食ソムリエW資格取得講座

最初にご紹介するのは、諒設計アーキテクトラーニングの通信講座です。

「洋食ソムリエW資格取得講座」は、洋食に関連した資格のうち、「洋食ソムリエ」、「西洋料理ソムリエ」の2種類を取得するのに役立つ講座です。

この講座は、通信教育スクール.netが実施したアンケートで、利用者からの満足度一位を獲得しています。加えて、口コミでの評判も高いです。

洋食の知識を深め、将来的に資格を利用して洋食店を開業したい方や、料理教室を開こうと考えている方におすすめの内容となっています。

資料請求をして講座に申し込むと、受講証や各種テキスト、問題集の他、模擬試験の用紙が配布されます。

【受講から資格取得までの流れ】

  1. 資料請求し、講座に申し込む。
  2. テキストを読みながら資格試験の学習を進める。
  3. 添削課題に取り組む。
  4. 通信講座を卒業する。
  5. 協会に申込み、試験を受ける。

受講期間は6ヶ月で、1日30分の勉強でも十分に資格を取得できるカリキュラムになっています。短期集中で学習に取り組めば、2ヶ月で卒業することも可能です。

【基本情報】

  • 料金:59,800円
  • 受講期間:6ヶ月(最短で2ヶ月)
  • 添削回数:5回

 

諒設計アーキテクトラーニング 洋食ソムリエW資格取得スペシャル講座

諒設計アーキテクトラーニングの通信講座は、もう1種類あります。それが、「洋食ソムリエW資格取得スペシャル講座」です。

この講座では、添削課題と卒業課題を全てこなせば、資格試験を受けずとも、洋食ソムリエと西洋料理ソムリエの資格を取れるようになっています。

通常版の講座を受講する場合、卒業後に資格試験を受け、合格すれば晴れて資格取得となりますが、スペシャル講座なら試験を受ける必要はありません

費用は通常の講座よりも2万円高くなりますが、資格を短期間で取得したいと考えている方は、こちらを受講するのがベターです。

受講から資格取得までの流れ

  1. 資料請求し、講座に申し込む。
  2. テキストを読みながら資格の学習を進める。
  3. 添削課題に取り組む。
  4. 卒業課題に取り組む。
  5. 卒業課題提出後、資格取得。

【基本情報】

  • 料金:79,800円
  • 受講期間:6ヶ月(最短で2ヶ月)
  • 添削回数:5回+卒業課題1回

 

SARAスクールジャパン 洋食基本コース/プラチナコース

洋食関連の資格取得を目指すなら、SARAスクールジャパンの通信講座もおすすめです。

SARAスクールジャパンの講座は、「洋食基本コース」と「洋食プラチナコース」の2種類あり、受講料や受講期間、目指す資格は諒設計アーキテクトラーニングの講座と同一です。

洋食プラチナコースは諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座に相当するもので、卒業課題に取り組めば洋食ソムリエ、西洋料理ソムリエの資格を自動的に取得できるようになっています。

表向きは諒設計アーキテクトラーニングの講座とほぼ同じですが、テキストはSARAスクールジャパンオリジナルのものを使用できます。

またSARAスクールジャパンの講座は、資格取得を目指す受講者を手厚くサポートしてくれるのが特徴です。

SARAスクールジャパンの通信講座を受講した場合、担当者が適切にフォローしてくれるため、安心して学習を続けられます。

質問も無料で行うことが可能なので、疑問点があれば気軽に聞くことができます。

【学習内容の流れ

  1. 洋食の歴史や食材など、基礎知識を学ぶ。
  2. 洋食を作るときに気をつけておくべきポイントやマナーを学習する。
  3. 洋食の実践的な作り方を学ぶ(オムライス、ハンバーグ、ビーフシチューなど)。

SARAスクールジャパンの特徴は、丁寧なサポートです。

通信講座を受講したいと思っているものの、洋食に関しては初心者で、学習についていける自信がない方には、SARAスクールジャパンの通信講座がおすすめです。

【基本情報】

  • 料金:基本コース59,800円、プラチナコース79,800円
  • 受講期間:6ヶ月(最短で2ヶ月)
  • 添削回数:5回(プラチナコースなら+卒業課題1回)

 

洋食の通信講座を受けるメリット

効率的に洋食の知識を身につけようと思ったら、通信講座を利用するのが最適です。通信講座には様々なメリットが存在します。

しかし、洋食の勉強を進める上で通信講座を選択する利点は何なのか、把握していない方も多いのではないでしょうか。

ここからは洋食の通信講座を受けるメリットを4つご紹介します。

 

時間と費用を節約できる

通信講座の利点は、時間と費用を節約できるところにあります。通信講座なら自宅で学習できるため、外出する必要がありません。

そのため、外で勉強するよりも時間を節約できます。また通信講座は、通学する場合と比較して費用が安く済むのも特徴です。

加えて、通信講座を受講した場合、自分のペースで学習することが可能です。

毎日30分だけ勉強する、ペースを上げて半年間の講座を2ヶ月で終わらせる、など勉強のペース配分は自由なので、自分のやり方で勉強を進めていけます。

このような理由から、資格勉強の時間をなかなか捻出できない方や、効率的に洋食の勉強を進めたい方は、通信講座を利用するのがおすすめです。

 

仕事に役立つ知識が身につく

仕事に役立つことを学べる点も、通信講座の利点です。

洋食の通信講座を受講すれば、洋食の歴史や料理のレシピ、調理器具の使い方、テーブルマナーなど、洋食に関する知識を幅広く得られます。

また、通信講座を最後までやり遂げることで、資格試験を合格するのに必要な知識を十分に身につけることが可能です。

資格を取得すれば、飲食業で利用できる他、自分で料理教室を経営する際にも役立ちます。

通信講座に登録すると、受講者に添削課題や模擬試験が配布されます。これらの課題をこなしていくことで、実力を高めていけるのです。

配布物は様々で、DVDで映像を参考にしながら勉強することも可能です。

もちろん、通信講座だからといって内容のクオリティが落ちることはないため、ご安心ください。

テキストや課題の中身は本格的なので、通信講座を卒業する頃には、幅広い知識が身についているでしょう。

 

担当スタッフが丁寧にサポートしてくれる

通信講座を受講するメリットの3つ目は、担当スタッフが受講者をフォローしてくれる点です。

独学だと途中で行き詰まったときに苦労しますが、通信講座なら担当者を頼りながら学習を進められます。

疑問点が出たときは、担当者に質問すれば疑問を解消することが可能です。

通信講座には添削課題が用意されているため、間違っている箇所を担当者に細かく指摘してもらえます。

独学で勉強する場合、誤った認識のまま学習を進めてしまう恐れがありますが、通信講座なら添削課題などを通して、間違った考えを修正しながら着実に知識を蓄えていけます。

このように、通信講座なら担当者がサポートしてくれるので、洋食に関して初心者の方でも安心して受講できます。

 

通信講座ならではの特典もある

洋食の通信講座の中には、受講者限定の特典を受けられるものも存在します。

例えば、卒業課題を提出することで、自動的に資格を取得できる講座もあります。

本来、洋食関連の資格を取るには、講座を卒業した後に資格試験を受けるのが必須です。

しかし、資格取得の特典が付いている講座なら、配布される課題を全てこなすことで資格を取れるので、試験を受ける過程を省略できます。

このような講座を利用すれば短期間で洋食関連の資格を取得できるため、受験の手間を省きたいと考えている方は、特典を受けられる通信講座を選択すると良いでしょう。

サービスの魅力は千差万別です。通信講座を選ぶ際はそれぞれの講座の特徴に着目し、自分に合ったものを選択しましょう。

 

卒業後も継続的にサポートを受けられる

選択した講座によっては、全課程を終えて卒業した後も、スクールからの支援を受けることが可能です。

代表的なのは、卒業生を対象とした講習です。通信講座を終え、職場でのキャリアアップを目指す人たちを、スクールはサポートしてくれます。

こういったイベントに参加すれば、自身の技術を磨けるだけでなく人脈も広がるため、今後の仕事に役立つでしょう。

また、卒業生限定の会員制サービスを提供している講座も存在します。こちらも人脈を広げる上で大いに役立ちます。

卒業後も継続的に受講者をサポートしてくれる点も、通信講座の良さです。

 

洋食の通信講座で学んだ知識を活かせる仕事とは?

洋食の通信講座で学んだ知識は、様々な仕事で活かすことができます。

しかし、通信講座を卒業して資格を取得した後、どのような仕事に就くのが一般的なのか、把握していない方も多いのではないでしょうか。

そこでここからは、洋食の通信講座で学んだことを活かせる仕事について解説していきます。

講座を受講して洋食の知識を身につけ、将来的に洋食関連の仕事で活躍したいと考えている方はご参考ください。

 

洋食店のシェフ

通信講座を通して得た知識は、洋食店のシェフとして働くときに役立ちます。オムライスやハンバーグは洋食の定番ですが、これらの調理方法も通信講座で学べます。

とはいえ、通信講座を卒業した初心者がいきなりシェフになれる訳ではありません。料理人としてお客さんに料理を振る舞うには、長い下積みを乗り越える必要があります。

食器洗いや掃除から始め、現場で徐々に経験を積んでいき、やがてシェフとなるのが一般的です。

その後、現場で働き続ければ、やがては総料理長として厨房のトップに立つことも夢ではありません。

通信講座は、シェフになるための最初の一歩におすすめです。講座を受講して知識を蓄えておけば、厨房での業務にもスムーズに順応できるでしょう。

 

洋食ソムリエ

通信講座を終えた後、洋食ソムリエになることも可能です。

洋食ソムリエとは、洋食の歴史やテーブルマナー、調味料や食材、レシピなど、洋食関係のあらゆる知識に精通している人のことを指します。

通常、洋食ソムリエとして働くには資格試験に合格する必要があります。通信講座を受講すれば、洋食ソムリエの資格勉強を行うことが可能です。

諒設計アーキテクトラーニングやSARAスクールジャパンの講座なら、洋食ソムリエだけでなく西洋料理ソムリエの資格勉強もできます。

さらにこれらの講座には、卒業後に自動的に両資格が付与されるコースも用意されています。

試験を受けずとも、卒業課題を提出すれば必ず2つの資格を取得できるようになっているので、早く資格が欲しい方は諒設計アーキテクトラーニングやSARAスクールジャパンの通信講座を受講すると良いでしょう。

このようにして洋食ソムリエの資格を得た後は、自分で洋食店を開業したり、料理教室を開いたりするなどして、洋食のエキスパートとして活躍していけます。

 

料理教室の講師

通信講座を受講し終えた後、学んだ知識を活かして料理教室の講師になる方も多いです。

講師として生徒に調理技術を教えるには、洋食の知識を幅広く身につけておく必要があります。

通信講座では講師になるために必要なことを満遍なく学べるので、卒業後はスムーズに講師活動に移れます。

料理教室の講師として働く場合は、洋食関連の資格の他、調理師と栄養士の資格が必要になることが多いです。

それらの資格を持っていない場合は、通信講座と並行して学習を行わなければなりません。

ただ通信講座は、自分のペースで学習できるものが多く、毎日30分の自習でも問題なく卒業できるため、他のことで忙しかったとしても、勉強を継続するのは難しくありません。

また料理教室の講師になるには、コミュニケーション能力も必須です。

知識を蓄えつつ、自身の知識を正しく伝える技術も身につけていけば、講師活動を円滑に行えるでしょう。

コミュニケーション能力に自信のない方は、料理教室に生徒として参加し、講師の言動を観察するのがおすすめです。

料理教室ではプロの講師の指導を間近で観察できる他、自分以外の生徒とコミュニケーションをとることも可能なので、意識的に取り組めば人に教える力も身につきます。

 

自営業

通信講座を終えた後、自営業を始めるという選択肢もあります。通信講座で学んだ内容は、洋食店やレストランを経営する際にも役立ちます。

しかし自営業を始めるのは、かなりハードです。なぜなら、経営者には様々なスキルが要求されるからです。

洋食の知識はもちろんのこと、業務関係者と円滑にやり取りを行う折衝力や人気メニューを生み出す企画力、経営者としての金銭管理能力など、必要なスキルは山ほどあります。

また、お店の経営を開始するには初期投資が必要になるので、そのためのお金を用意しておくことも必須です。

経営者としてお店を軌道に乗せるには苦労が伴うため、通信講座を卒業した後、いきなり自営業を開始するのはおすすめしません。

まずは講座で学んだ知識を活かしてシェフや講師として活動し、十分に社会人経験を積んでから開業を検討するのがベターです。

通信講座を通して身につけた知識は、お店を開いてからも必ず役に立ちます。

 

まとめ

最後に、当記事でご紹介した内容を目次ごとにまとめます。

【通信講座の種類編】

  • 諒設計アーキテクトラーニングの洋食ソムリエW資格取得講座では、洋食ソムリエと西洋料理ソムリエの資格取得に向けた学習を行える。
  • 諒設計アーキテクトラーニングのスペシャル講座とSARAスクールジャパンのプラチナコースなら、卒業後すぐに両資格が付与される。
  • SARAスクールジャパンの洋食講座は、担当者による手厚いサポートが特徴。

【メリット編】

  • 通信講座なら時間的にも金銭的にもお得。
  • 通信講座には、洋食関連の仕事で役立つ知識を、効率的に身につけられるというメリットがある。
  • 担当スタッフにフォローしてもらいながら学習を継続できる点も、通信講座のメリット。
  • 中には、受講者限定の特典が用意されている講座もある。
  • 講座によっては、卒業後も受講者を支援してくれることがある。

【活かせる仕事編】

  • 通信講座で学んだ内容は、洋食店のシェフとして働く際に役立つ。まずは下積みから始め、経験を積み重ねてからシェフになるのが一般的。
  • 通信講座を受講して洋食ソムリエの資格を取得すれば、洋食のエキスパートとして活動できるようになる。
  • 料理教室の講師も、通信講座で得た知識を活かせる仕事。講師となるには知識や技術だけでなく、コミュニケーション能力も必要になる。
  • 講座を卒業した後、お店の経営を始めるという選択肢もある。ただし自営業は大変なので、社会人経験を積んでから開業するのがベター。

いかがだったでしょうか。この記事を参考にして是非洋食の資格取得を目指してみて下さい。